春から身体を動かしたい!そう思ったら新宿タカシマヤ「ウェルビーフィールド」へGO!【PR】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

写真

ダウンコートをしまい、セーターを脱ぎ、
厚手コートを春の淡色コートへとチェンジする。

次第に軽くなってゆく服に春を感じるこの季節だが、ふと全身ミラーに目をやった瞬間に愕然とすることも。

「あれ私・・・、冬太り?」

寒い季節に溜めてしまった脂肪を落とし、こわばった身体をほぐし、もう一度スッキリ軽やかにしなやかに動ける自分を取り戻したい!4月になると妙に身体を動かしたくなるのには、こんな背景もありそうだ。


新宿タカシマヤ8Fに新ゾーン「ウェルビーフィールド」誕生

写真 写真

そんな女性に絶賛おススメな空間が新宿タカシマヤ8階に誕生した。
訪れるだけでワクワクし始め、見ているだけでフィットネスクラブやヨガスタジオに通いたくなる。3月15日にオープンしたばかりの「ウェルビーフィールド」だ。

●WELLBE FIELD(ウェルビーフィールド)公式ページ(新宿タカシマヤ)

写真

コンセプトは「心とカラダ、両面の充実を目指すライフスタイル」

ウェルビーイング・ライフ

だ。

消費者の価値観が多様化する中、「衣」「食」「住」にカテゴライズされたアイテムニーズだけではなく、消費者の購買行動は、"モノ" から "ライフスタイル"に基づいたものへと変化しています。また、「美」と「健康」マーケットの拡大とともに、"ポジティブに、健やかに、心地良い暮らし"を求める方が増え、ウェルネス志向への関心やニーズはますます高まっています。 そうした背景のもと、髙島屋では、心とカラダ、両面の充実を目指すライフスタイル=ウェルビーイング・ライフ をコンセプトとした、ショップ・カフェ・スタジオまでを総合的に網羅した編集フロア 「ウェルビーフィールド」 を新宿店8階にグランドオープンいたします。 ファッション、コスメティック、フードなど多彩に揃えて、心とカラダを整える、心地よい モノ・コト のすべてをご提案し、高感度で豊かな美しさをサポートする新しいライフスタイル型の編集フロアを開発し、集客と売上の拡大を目指してまいります(ニュースリリースより引用)

従来の「スポーツファッション&アイテムのエリア」をイメージして訪れたら、全く異なり驚かされた。

写真

アスリートのためのショップ、という気合入りまくりの空間ではなく、もっとゆったりした雰囲気。ヨガウェアを中心に、フィットネスクラブやランニングなどで着てみたいおしゃれな服がたくさん並んでいる。自分はヨガをやっていないが、フロアを歩いているうちに無性にやってみたくなったほどだ。

スポーツ用だけとも限らないだろう。
自宅で休日にリラックスして過ごしたい時にもよさそげ。そんなファッションも多い。

写真

●WELLBE FIELD(ウェルビーフィールド)公式ページ(新宿タカシマヤ)

広さにして2,000平米と、8階のかなりの面積を占めるウェルビーフィールド。
計20店舗のうち、9店舗は百貨店初登場ブランドだそう。

ヨガウェアやヨガマットなどを専門に扱う芦屋発のブランド「Anri&Bebe(アンリ&ベベ)」なども入っている。


世界のナチュラル&オーガニックコスメを体験できる「ベルアクティーヴ」

写真

まずチェックすべきは、フロア中央の「ベルアクティーヴ」。

「健康的で美しい人」をテーマに、ウェルネスや自分磨きを日常的に取り入れた、健康的で心地良い暮らしを提案するビューティー編集ショップ(公式ページ

写真

スポーツアロマトレーナーである神崎貴子氏による監修で、世界各国から集めたナチュラル志向の基礎化粧品やコスメ、アロマなどが並ぶセレクトショップだ。衣食住トータルで魅力的【軽やかな暮らし方】を提案ということで、商品は多岐にわたる。

写真

この日はオープニング初日で、神崎氏ご本人が来場しトークショーを行い、オリンピック選手村にスポーツアロマトレーナーとして招かれ体験したエピソードや、800点にも及ぶアイテムセレクションについても語られた。

「自分が本当に欲しいものを集めた」そうで、中でもいくつかおススメのものをピックアップしてくれたので紹介したい。

<その1>プロスポーツ選手のための日焼け止め

写真

「絶対に焼きたくない人におススメ」というアグレッシブデザインのアスリート用日焼け止めで、高い性能が支持されているそう。帰宅後検索していたら、実際に使った方(スポーツサイクルショップの方)のレビューも見つかった。ウォータープルーフ度が非常によく、また目にしみることもないそう。

●Top Athlete Sun Protect (Aggressive Design)
●話題の日焼け止めを使ってみた(Blog di Mattino)

写真

日焼け止めはコーナーもできていた。普段ドラッグストアなどでは見かけないブランドのものがほとんどだ。

<その2>神崎貴子氏が作ったスポーツアロマオイル

写真

さらにこちらは、神崎貴子氏が10年以上前、プロアスリートのために特別に配合して作ったスポーツアロマオイル。100%天然由来成分で伸びもよく、スポーツの後シャワーを浴びてから、これを使ってマッサージして筋肉の疲労回復をはかったり、あるいは肩こり腰のだるさ解消などにも使えるそう。

●【プレミナ】生まれかわりました!スポーツアロマオイル「Smove」販売中!!

Amazonでも販売されているが、ウェルビーフィールドに足を運べるならサンプルで香りや肌触りなど確認してから納得して購入できる。試させてもらったが、気分をすーっと落ち着かせてくれる清涼な香りで、ベタつくこともなく、肌に心地良い。最後に買って帰る予定がうっかり忘れてきてしまったので、次また訪れた際に必ず買いたい。

写真

トークショーでは、スポーツとアロマの関係についても語られた。

スイッチを入れたい時、逆にスイッチオフをしたい時、アロマの力を使うことができる。気分リフレッシュしたい時や落ち着かせたい時などにアロマを上手に活用できたら、毎日の生活はもっと楽しいものになりそうだ。アロマアイテムも充実した「ベルアクティーヴ」では、各商品ごとにサンプルもあるので、香りや付け心地など実際に確認して自分の好みと気分にあったものを探せる。

<その3>男性用アイテムもいろいろ

写真

実は男性用アイテムも結構そろってる。
女性を主ターゲットとしたコーナーだが、アロマオイル・クリームなどは男性も使えるものだし、日焼け止めや日焼け後のケアアイテムなどは男性だって必要なもの。カップルで来ても楽しめるだろう。

+++

他にも様々なブランドのコーナーが作られていた。


写真

ここはドイツで製造されているナチュラル&オーガニックコスメ「ドクターハウシュカ」。

●ドクターハウシュカ化粧品

写真

原材料についてのこだわりや組み合わせての使い方など、専任のスタッフが丁寧に教えてくれる。

写真

オイルフリーのナイトケアアイテムもあり、サンプルを試せるようになっている。

写真

フランスからやってきたオーガニックコスメは「クレール キャラメル」。
ほとんどの製品が天然由来成分100%で、ルージュもオリーブオイルやホホバオイルなど植物成分で作られている。アイシャドウも100%天然由来成分。

●クルールキャラメル

写真

オーガニックコスメは、肌にはいいのだろうけど色数は限られる。そんな思込みがあった自分だが、「クレール キャラメル」はリップもアイシャドーも豊富なカラーバリエーション。個人的にスティックファンデーションとルージュに興味をひかれた。

写真

「ベルアクティーヴ」は中央に大きなテーブルが設置されており、ここで美肌メイクレッスンなど受けられる。

写真

この日もさっそく、スタッフの人に1対1で使い方を教わっている方がいた。

写真

各ブランドごとにスタッフが常駐し、初めての方に丁寧にそのブランドのこだわりや製品の特性、使い方など説明してくれる。開放的なスペースなこともあり、そんな応対が負担に感じることもなく、割と気軽に質問したりできる。

写真

この「ベルアクティーヴ」の中央テーブルエリアと、隣接する「ウェルビーパーク」では、今後様々なイベントが開催されるそう。公式サイトでもイベント情報が公開されているのでぜひチェックを。定員が少ないものは事前予約をしていったほうがいいだろう。

●イベント| WELLBE FIELD(ウェルビーフィールド)公式ページ(新宿タカシマヤ)


3月中は「空中ヨガ」レッスン体験も~ヨガスタジオ&女性用ジム

写真

身体を伸ばし、心の凝りをほぐすこともできるヨガ。
ストレス溜め込みがちな都市部の女性のニーズにマッチしているのだろう、ここ数年ヨガブームがまた起こっているそう。

このウェルビーフィールド内を歩いていてもそれを感じる。とにかく様々なデザイン・スタイルのヨガウェアが揃っていて驚かされるほどだ。基本的に締め付けず、そして身体を動かしやすく、首回りや背中など露出も大きめになっているものが多い。ヨガをしない人でも、暖かい季節家の中でリラックスして過ごすときのファッションとしてよさそうだ。

写真

「でもやっぱりヨガやってみたいな」

なんて思い始めたのだが実はここ、ヨガスタジオがある。

写真

この日は空中ヨガの第一人者である元シェイプアップガールズの中島史恵氏が来場し、無料体験レッスンが開催されていた。

●新宿で|中島史恵オフィシャルブログ「史恵の心」by Ameba

空中ヨガは天井からつるしたハンモック上の布を使うことで、空中浮遊状態になったり、無理なく身体を伸ばすというもの。体幹を鍛えるにもいいそうで、上級者向けと思いきやそうではなく、布の補助をがあるので、身体が硬いヨガ初心者でもハードル低く始められるのだとか。

写真

3月中は無料で体験もできる(一部有料の時間帯・レッスンも)。

写真

人数も限られているので、試してみたいという方はぜひ早めの予約を。

写真

同じ一角にはこんなジムも。
「ウーマンズシェイプ」と書かれており、女性専用のジムとのこと。

写真 写真

入ってみてびっくり。壁際の棚にはダンベルがずらり。
フリーウエイトトレーニングもできるようだ。

一般のジムではフリーウエイトコーナーはマッチョな男性が主で、なかなか女性が利用しにくい雰囲気もある。ここでは女性のためのフリーウエイトレッスンなども受けられるようだ。

この日は内覧会の関係か入り口付近に寄せ集められていたが、マシンもいろいろ。

月会費など確認しそびれたが、職場が新宿近辺の人だったら、会社帰りにジム通いするのにベストな場所だ。なにより女性専用というのがうれしい。


百貨店初登場ブランドもいろいろ~自転車ブランド「reric(レリック)」がスタイリッシュ!

写真

今回もっとも心そそられたのは「reric(レリック)」の写真右上のパーカー。その隣のマネキンが着ているものも一緒だ。

写真

正面ジッパーを斜めにつけたアンシンメトリーなデザインで、柔らかく肌に触った感触も非常によい素材。手の甲を覆って親指がだせる袖口の作りや、ベンチレーションにもなるポケットなど細部まで非常に細かくつくられている。

実は初めて見かけるブランドだったのだが、日本のサイクルウエアのブランドだそう。自転車用だけでなく、ジョギングやジムなどで使うのにもよさそげなウエアが多数並べられていた。

日本人による、日本人のためのサイクルウエア"としてスタートしたレリック。 RUN&BIKEを中心にスポーツ動作工学を研究、ランもバイクもそれぞれの運動姿勢に合わせて綿密に計算され、動きにあったウエア作りで高い評価を受けています。シンプルでありながら、アスリートのツボをおさえたウエアが揃います。(公式ページ

もともと下着をOEMで作っていたところからスタートしているため、肌に触れて心地良い素材を徹底追及しているそう。

写真

ちなみにジャケットで背中部分の中央がかなり長めのフォルムだったらそれは自転車用。前傾姿勢をとっても背中がカバーされるようになっている。こんな風に背中にポケットがあるものもあった。


歩き疲れたら「WELLBE CAFE25」で美味しいコーヒーを

写真

「ベルアクティーヴ」を歩いている時ずっと気になったこの巨大サイフォン。
濾すためのガラス筒状部分にカットしたオレンジが入っているのだ。

残念ながら「販売終了」の掲示があったが、聞いてみると日本初の「ナチュラルフレーバーコーヒー」だそうで、季節のフルーツを透過させて抽出したコーヒーが一日数量限定で飲めるらしい。

なので、通常のコーヒーをいただくことに。

写真

おおおっ、選択肢が結構いっぱい!!!

ホットコーヒーの場合はまず、ハンドドリップかサイフォンかを選ぶ。
そして次の課題は豆を何にするか。ブレンドも2種類あり、豆種類が選べる「SINGLE ORIGIN」も全部で6種類。そのうちチェックがついているのがその時飲めるもののようだ。

写真

コーヒード素人なので一瞬固まってしまったが、スタッフの若い女性がおススメを提案してくれたのでそれに。

写真

すぐ横には豆のサンプルも置かれている。
花粉症なので試さなかったが、香りを確認させてもらうこともできるようだ。

見事なラテアート。

写真

慎重な手つきでコーヒーをドリップするスタッフたちの動きを見ながら、レーズン・ナッツたっぷりのパウンドケーキいただきながらラテで一服。

タカシマヤスタッフと思われる男性が、応援兼ねて訪れたらしい友人に「ここのコーヒー本当に美味しいから飲んでってよ」と勧めていたが納得だ。

写真

もうひとつ、カフェレストラン「Kouji&ko(コウジアンドコー)」もある。
発酵学の第一人者、小泉武夫博士をアドバイザーに考案したメニューは、公式サイトですべて見ることができる。

●「Kouji&ko」(コウジアンドコー)|新宿タカシマヤ

「ディッシュデリ」種類が多く、どれも美味しそうなのでこれは迷う。
アルコールもあり、山形のクラフトビールや、はちみつで作る珍しい発酵酒「ミード」も飲める。


ランニングやジムで大活躍しそうなファッション勢ぞろい「ユニクロムーブ」

写真

他の店舗も回りつくしたので、最後に訪れたのがここ「ユニクロムーブ」。
「動き(MOVE)」に焦点をあてた新しいコンセプトストアで、この新宿タカシマヤ内がその一号店とのこと。

写真

ジョギングする人のためのサポートタイツや、ちょっとの雨にも対応する撥水素材のポケッタブルパーカー、シャツに響かないシームレスブラなど。

写真

伸縮性・吸水性・通気性などに優れた素材のものが集められており、ちょうど地元のジムに通い始めたばかりの自分がまさにほしいファッションだらけ。ここ目当てで来ている人も多かったのかもしれない。終始混みあっていた。


+++


写真 写真

他にも珍しいサプリメントや、オーガニック食品などあり、スタッフから説明聞いたり、試飲させてもらったりした。広いエリアなこともあり、結構な時間滞在していても回り切れない。

写真

お洒落なヨガウェアを見ていればヨガやってみたくなるし、スタイリッシュなランニングパーカーがあれば、ジョギング再開しようかななんて思う。

「形から入る」

なんて言葉もあるが、お気に入りのスポーツウェアがあればそれを着て身体を動かしている自分を想像しただけで楽しくなってくる。アロマ同様、自分の気持ちを盛り上げる有効な手段だろう。ワンセット買っちゃえば、始めざるを得ないところに自分を追い込めるしね。

写真

「スポーツは素晴らしい、是非みなさん運動をしてください」
「世界が変わります」

と神崎氏からのメッセージ。

写真

「(空中ヨガは)布が自分を開いてくれるので、初めての人でも無理なく気持ちよくできます」
「自分の"中心"の感覚を見つけてください」

と中島氏。

新しいことに挑戦するベストシーズンの春。
オープンしたばかりの新スポットを訪れ、身体を動かすモチベーションを高めてみてはどうだろうか。

●WELLBE FIELD(ウェルビーフィールド)公式ページ(新宿タカシマヤ)

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。
好奇心を刺激するイベント

40代からの健康&ダイエットの記事一覧