野菜簡単千切りで朝の生野菜サラダもお手軽!「ののじサラダおろし」

6年前に管理栄養士さんの指導のもと食生活改善をして以来、朝は生野菜サラダを食べる習慣が定着した。そんな中、便利そうなアイテムを発見し即購入。野菜のスライサーだ。

ののじ サラダおろし お手軽ハンディタイプ LDS-01

よくある野菜のスライサーだが、アイディアポイントはここ。

透明のトレイを装着できるようになっているのだ。

スライスした野菜がここにたまるので、ボールやまな板が不要となる。

スライスする太さは2種類。

写真だと立体感が伝わりにくいが、2面の片側が太い穴、反対面が細い穴になっており、透明トレイを取り外して反対側につければ、カットする野菜の太さを変えることができる仕組み。

装着もワンタッチで簡単。

使い方はこんな感じ。

流しの台でも、テーブルの上でも、ちょっとしたスペースで簡単に野菜の千切りができる。

終わったらそのままごろんと置いてしまっても、トレイがあるので衛生的。

そんなわけでまずは大根で試してみることに。

大根おろしを作った残りなので、長さがちょっと短すぎるのだが・・・

これが太いほう。

トレイからお皿に直接移せる。

そして細いほう。

こちらは刺身のつまにもなる太さだ。
胡麻和えにしたり、酢の物にしてもよさそう。

便利だなと思ったのは、力を入れやすいこと。
この下にボールを置いたりする必要がないので、スライサーの先端のまっすぐなところを平らな床面に思い切り押し付けてやれること。そうすると力も入るし、力入れ過ぎてボールをひっくり返したりということもない。

朝の生野菜サラダとして食べるなら正直、よく切れる包丁で千切りにしたほうがシャキシャキ感もあって美味しい。自分も余裕ある時はそうしている。ただそれだと面倒になってしまうので、スライサーを使うことも多い。

一方この「しりしり切り」は、酢の物や炒め物をする場合には味がしみ込みやすいそう。確かにそうだ。酢の物なんかは、塩もみもせずに使える。人参はしりしり切りにして、ニンニクも加えて、ちょっと甘めの砂糖醤油で炒めても美味しい。

・・・と思ったら早速同梱のレシピに「にんじんシリシリ」が掲載されていた。キーマカレーは、玉ねぎをこれでスライスしている。

冷やし中華も簡単。

朝忙しいけど、健康のために生野菜はとらなくちゃ・・・。

そう考えている人にもおススメのアイテム。

大根やニンジンを皮むいてラップでくるんで冷蔵庫入れておけば、あとこれひとつで簡単に生野菜サラダが作れる。

包丁とまな板、そしてボールもなしで場所もとらない。

ほんのちょっとしたアイディアなんだけど、それで心のハードルが下がることもあるだろう。

私も最近、葉野菜のサラダばかり食べていたけど、これがあれば根菜も毎回追加して、彩もいいサラダを朝から食べられそうだ。

ののじ サラダおろし お手軽ハンディタイプ LDS-01

レシピ本とのセットも販売されていました。

使ってみました!アイテム&サービスの記事一覧