冬の日本海眺めつつ羽越本線で新潟へ

写真

7日間のローカル電車&バスの旅の最後の夜は、山形県の酒田に泊まった。全国にチェーン展開しているホテルα1(アルファワン)は一泊3900円で満足。東海道53次ウォークの時にも一度泊まったけど、安いのにサービスしっかりしている。

写真

最終日は移動距離も長いので、朝7時の始発列車に乗って新潟に向かった。改札寄りの車両以外は、人も全然おらず、ほとんど貸しきり状態。

ヒーターもがんがんきいてて、やや暑すぎるくらいの中で電車の振動を感じながらすやすや仮眠。
そして次に目を覚ました時には・・・

写真

おおおっ!日本海だ!!!
まさに冬の海。

写真

海からすぐ山になる場所もあり、線路も道路も海岸ぎりぎりに作られているところも多い。風が強いと、はねあげられた波が電車にまで達するんじゃないかと思うこともあるが、今日はそれほどの波ではなかった。

写真

そして乗換の村上駅。

「新潟方面にお越しのお客様は、同じホーム前寄りの・・・」というアナウンスが流れたので前寄りに歩いていくと、なんと同じホームに二台の列車が停車していた。

写真

左側は、折り返して酒田方面に向かう列車。
右側は新潟行き。

こんなホームの使い方もあるんだ~!

ここから乗り込む人が間違えないよう、列車が出発する直前まで、繰り返しアナウンスで注意が促された。間違えちゃう人いるだろうなあ。

写真

そして再び雪原。

旅行

[旅]東日本一周旅行2011年末年始の記事一覧