飽きずに聞ける!「キクタン 中国語」

写真

アルクが出している評判のCD付き語学本シリーズ「キクタン」の中国語2冊を購入した。名前は前から聞いていたけど、実際に買ったのは、朝日カルチャーで会った方がこれを絶賛していたため。

特徴は、かなりアップテンポな音楽に乗せて単語が流れるので、楽しくノリよく覚えられるというもの。

  • 入門編(中検準4級レベル)
  • 初級編(中検4級レベル)
  • 初中級編(中検3級レベル)

写真

「BGMあるだけでそんな違うもの?」

と半信半疑な部分もあったんだけど、実際聞いてみて納得。
他にも、中国語の単語を読みあげるCDは聞いているんだけど、正直、少し流していると飽きてしまう。だらーっとした感じになってしまうのだ。

ところがこれは、音楽を流しているような感じで聞ける。
何度も音楽聞いているうちに歌詞を覚えてしまうような、そんな感じかもしれない。

また家で実際に発音しながら聞く時には、チャチャチャン♪「タージャー」「タージャー♪」 「タージャー」「タージャー♪」と、結構ノリノリで発音できるので、中国語で重要な抑揚(声調)もしっかり真似できていい。

スピードラーニング中国語もそうだけど、同じものを何度流していても飽きない教材というのは、音楽をうまく使っているんだなあと。

写真

テキストも気にいった。
見開き2ページで8個の単語が書かれている。

写真

赤いシート使うと、意味が隠れる。
受験勉強思い出して、なんか懐かしい~♪

今年の秋に中国語検定を初めて受けようと思っているので、集中して単語覚えるのにこれは使える。

写真

右側ページのピンインや構文も赤文字隠しができる。
普通に中国語を学ぶだけならこれは必要ないと思うんだけど、中検受けると思うとこれも必要。

次回の中国語検定は11月28日(日)。
頑張るぞ~!

目指せ!中国語ぺらぺら

本&音楽の記事一覧