まるで魔法!60分たっても氷が溶けない「サーモスタンブラー」

写真

これスゴイ!スゴイ!スゴイ!
本当に驚いたので、いきなり三連発してみた。

周囲でも愛用者続々増えている「サーモスタンブラー」だ。

もらいもののジョッキやグラスが大量にあるので買い控えていたが、夕方になると新潟のうかさんがTwitterde大絶賛し続けるので、遂に耐えきれず買ってしまった。

●[う]サーモス・真空断熱タンブラーでハイボールを飲む

うかさんのオススメにいち早く反応していたのは京都のa-kiさん。

●サーモスの真空断熱タンブラーがスゴすぎる! - a-ki blog

写真

見た目、割と普通の金属製のグラスって感じ。
これが「フタなし魔法瓶」だというのだから、ちょい不思議だ。

自分も、オススメしてるのがうかさんとa-kiさんじゃなかったら、買わなかっただろうなあ。

写真

さっそく飲むか・・・と思ったけど自宅禁酒中でビールもハイボールもNGなので、ノンアルコールビールなぞ入れて飲んでみた。

むむっ!?
確かに全然ぬるくならない!!!

冷蔵庫だしたての温度だ!
これは興味深い!

写真


よーし、実験だ!!!


形はちょっと違うので正確な比較実験ではないけど、だいたい大きさが一緒の角ハイボールジョッキとサーモスタンブラーに、同量の氷(10個)と水を入れて、氷が溶ける時間を調べてみることにした。

▼スタート時
写真

写真だとジョッキのほうが見ず多く見えると思うが、これはグラスの形と上部カーブの違いゆえ。
違いはわずか15分後には明らかだった。

▼15分後
写真

ジョッキのほうは、一個一個の氷はもう四角い形を残しておらず、半分以下の大きさになって表面に浮かびあがっていた。
それに対し、サーモスタンブラーのほうは、製氷機の形も残したまま、ごろんごろん。最初に入れた時と、大きさの変化はさほどない。

さらに大きな違いがもうひとつ。
サーモスタンブラーは、表面に一歳の水滴がついておらず、また手に持ってもそれほど冷たくなかった。ジョッキのほうは既に机の上をびしょびしょにするほど水滴がついてた。

▼25分後
写真

そして、遂にジョッキの氷の最後の一個がほぼ姿を消したのが25分後。その頃、サーモスタンブラーの中はほとんど変化なし。


スゴイ!


ちょっと口付けてみると、中の水はキンキンに冷えている。
ぬるくなるどころかむしろ、ずっと冷やしつづけていたみたいだ。

スゴイ!
スゴイ!
スゴイ!

ちなみにこの後サーモスタンブラーの氷が全部溶けるのをずっと待っていたら・・・

▼75分後
写真


ありえないことに、早寝予定が深夜1時半過ぎまで起きている羽目になってしまった。
想定外の「溶けなすぎ度」。

サーモスタンブラー210分(3時間30分)
普通のガラスのジョッキ25分

写真

もっと早く買うべきだった・・・これは全然違う。
猛暑ゆえ、机の上置いておいた飲み物が一瞬でぬるま湯になってしまいがっかりということ何度もあったこの夏、これがあったら幸せだったろうなあ~。

この魔法のタンブラー。
夏はもちろんだけど、冬は今度、温かい飲み物をいつまでも温かく飲める効果もあるので、一年中大活躍とのこと。

家でビールやハイボール晩酌する人は、
これ一個買っておいて失敗はない。

使ってみました!アイテム&サービスの記事一覧