【PR】ベイシア勝浦店オープン~東京・神奈川の人は未体験!?の人気スーパーを房総ドライブ・外房海水浴で活用!

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

写真

ネットでもたびたび話題になる「ベイシア」をご存知だろうか。

「激安」「充実の総菜コーナー」「豊富なPB商品」などで人気を博すスーパーチェーンだ。出店エリアは関東を中心に1都13県。

実は千葉県香取市の我が家から最も近いスーパーもここで、毎週のように利用している。

写真

そんなベイシアの千葉県内20店舗目となる勝浦店が先日3月20日プレオープンした(正式オープンは23日)。取材&レポートできる人を募集していると知り、「ベイシアLOVEの自分以外にいないだろ」と挙手、3月21日(火・祝)に行ってきた。

「スーパーなんて地元民以外にとって関係ないやん」と思うなかれ。

旅先で訪れる未体験スーパーというのは国内外問わず面白いもの。ましてやそれが「ベイシア勝浦店」ならば。

「ベイシア」ってどんなスーパー?

写真

「ベイシアが近所にあるの羨ましい!」

そう神奈川在住の友人に言われることもある。確かに神奈川県内にベイシア店舗はない。

東京も青梅に一店舗あるのみだ。

●ベイシア「店舗一覧」

もっとも店舗数が多いのは本社所在地・群馬県の46店舗。ついで埼玉県(22店舗)、千葉県(20店舗)、栃木県(15店舗)と続く。私は地元ベイシア以外にも千葉・茨城の数店舗を訪れたことがあるが、どこも幹線道路沿いに広大な駐車場を有した巨大なワンフロアの建物で、車で買い物に来る人達を想定した立地と作りになっている。品揃えも豊富で食品以外もなんでも揃い、商業施設が乏しい我々地方民にとっては非常~にありがたい存在だ。

そして安い!!!

●ベイシアが安いと主婦に評判なので行ってみたら本当だった - NAVER まとめ

プライベートブランド(PB)商品も多く、お総菜コーナーも充実。

今は休止中のようだが、自分でご飯とカレーを好きなだけよそれる「セルフ式カレー」もネットで話題になっていた。

●【カレー探求 番外編】カレー盛り放題でなんと198円! どう考えてもコスパ最強のスーパーマーケット「ベイシア」 | ロケットニュース24

そしてただ安いだけじゃない。

簡単に調理できる味付け精肉、少人数家族にもうれしい少量パッケージなど多く、商品の陳列からも「買い物のしやすさ」を追求し工夫を重ねている姿勢が伝わってくる。周囲でもベイシアに好印象な人が多い理由はそんなところにもあるのかなと思う。

春の房総ドライブ&夏の外房海水浴にベイシア勝浦店が便利!

さて今回訪れたベイシア店舗は、房総半島の太平洋側(外房)、朝市でも知られる勝浦市内にある。どこかというと・・・

ここだ。

千葉県立勝浦若潮高校があった場所で、2015年の大原高校との統合後も在校生の授業で校舎が使われていたようだが、それも2017年3月で終わり、Wikipediaには「この勝浦若潮校舎跡地には勝浦市に不足している商業施設が建てられる予定」と書かれている。

写真

約35,000㎡という高台の広大な跡地を市が県から買い取って誘致したのがベイシアだ。

校舎自体も残っており、中央保育所仮園舎として使われている。

地元の人にとっては待望の大型商業施設誕生なのだろう。

私が訪れたプレオープン日は雨にも関わらず、次々と地元の方が車で乗り付け、好奇心いっぱいの目をしたお客さんで店内はあっという間に賑わった。

写真

喜ぶのは地元の人だけではない。

写真

房総半島には、首都圏からも多くの人が訪れる。

春はお花畑をめぐる房総半島ドライブで、そして夏は家族で海水浴に。さらに釣り・温泉・ゴルフ・キャンプなど様々な楽しみ方があり、勝浦にも黄金風呂で知られるホテル三日月はじめ、多数の宿泊施設がある。

  • ドライブ・ツーリング途中の休憩に(Wi-Fi&電源が使えるカフェあり)
  • 海水浴・キャンプの食料品調達場所として(地元野菜に新鮮魚介類、BBQ用の肉や総菜も充実)
  • 千葉土産のお買い物に(お土産用の菓子や日本酒セットなど)
  • キャンプ用品の調達に(チェアなどオリジナルブランド商品が安い)
  • 都市部にはないベイシアで旅行ついでの日用品お買い物を(激安!)
写真

ここ最近は、インスタグラムで火が付いた「濃溝の滝」を見ようと首都圏から車で房総半島にやってくる人も増えている。上記写真は3月中旬に撮影したものだが、春・秋の早朝時間帯に訪れると幻想的なハート形が浮かび上がるという。

●大ブーム! 濃溝の滝は3月~4月と9月~10月の早朝がチャンス | 東京湾観光情報局

海の幸が堪能でき温泉もある勝浦は、その前泊地候補にもなるだろう。

この記事を読んでいる人の大半は勝浦市民ではないと思うが、一生に一度くらい勝浦に行く機会もあるかもしれない・・・ということで、よかったら私が勝手にまとめた攻略法を読んでほしい。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

好奇心を刺激するイベントの記事一覧