パレスホテル大宮の「712号室」がオススメ!!

写真

号室の話はいったん置いといて。

さいたま市観光ブロガーツアーに参加して、今回初めて「パレスホテル大宮」に宿泊した。皇居脇のパレスホテル(現在建替工事中)と同じグループで、大宮駅西口再開発エリアにある一番高い大宮ソニックシティ内にある。

家から近くで全然気づいてなかったんだけど、
このホテル、とてもいい!

特に気に入ったのが、自分が宿泊した角部屋の「712号室」。
この部屋に限らず、たぶん12号室はみな同じ作りなのかもしれない。

(追記:2011年頭に一部客室を全面リニュしていて712号室もそのうちの一つだそうなので、全部じゃないかも)

写真

↑もう一度同じ写真を貼ってしまうが、写真奥が一番高いソニックビルで、手前の角がカーブ描いた形になってる建物がパレスホテル大宮。

712号室はこのちょうど「カーブ」のところ、向かって左側になる。

写真

部屋に一歩入ってびっくり。
落ち着いたダークブラウンの木目の格子というか仕切り。

なにこれリビング?
普通のホテルの部屋じゃなかったの???

写真

入っていくと、右にダブルベッド。
そして左側にデスク。

客室のスペースを損なうことなく、デスクワークにもこだわったサイズのデスク。シングル・ダブルには、可動範囲の広いライトと、長時間のデスクワークにも疲れにくい背面の高い椅子をご用意しました

写真

ベッドの足元側から見るとこんな感じ。

わかるだろうか。

こういうスタイルの配置は自分多分初めてなんだけど、デスクが壁や窓にくっついていないのだ。

自分のイメージの中ではこれ・・・

「社長室風」

島配置で、チェアも頭までの背もたれ、漆黒色の重厚な木製机。

写真

時々「ホテル合宿」と称して、ホテルに一泊滞在していろいろ長期プランを固めたりすることがあるんだけど、こんな部屋でできたら、意識もぴしっと張り詰めるし、作業効率もあがりそうだよなあ。

ちなみに今もこの机の上で記事書いてるんだけどね。

内装も落ち着いた濃いブラウン系の色で木目が和テイスト。
盆栽のアートなども飾られていた。

写真

この部屋が気に入りまくったもうひとつの理由は「窓」。

最初の写真でわかるように、このホテルは長方形ではなく「角丸」になっている。そのため、角部屋である712号室も扉を角にした扇形になっている。

そしてぐるっと横に幅広い窓が、デスク正面&ベッド足元に広がっているのだ。これはとっても気持ちがいい!!!

写真

見下ろせば、そこは大宮駅西口から続くメインストリート。
正面の大きな建物がそごうで、その奥に大宮駅が見える。

写真

朝はこんな感じ。

写真

部屋の中にも外の光が差し込んで、気持のいい朝になる。

チェックアウト12時までということなので、
本当は朝食食べたらすぐ帰ろうと思っていたのに、部屋に居座って、このデスクで作業し続けて今に至る。

ここほんと、仕事はかどるよ!!!

写真

ちなみに、同じく角部屋の1011号室には別のツアー参加メンバーが泊まったんだけど、こちらも扇形に広がる部屋で、面白い。

ベッドの横側に窓が広がっていて、さらに机も窓にそって横長で広々。窓自体は712号室よりも多分ずっと幅広く、机に座るとすぐ目の前が夜景になっている。こちらもまたとても素敵だ。ベッドに横たわりながら窓越しに空を眺めることできそうだし。

他の部屋もそれぞれ部屋の間取りが違っていて、落ち着いた内装の部屋になっているんだけど、やはりこの駅よりの角部屋で、全面リニュ済のこれらの部屋が個人的にお気に入りかな。

パレスホテル大宮|一部客室リニューアルのご案内

(追記:帰りに室内清掃してる他の部屋を通路から覗いたら、やはり内装は同じ雰囲気で、デスクも独立配置でいい感じでした)

大宮は、実は新宿まで28分(湘南新宿ライン)と近く、終電も遅くまであるので、埼玉に用事ある人だけでなく、東北&上越方面から都内に来る人の宿泊場所としても悪くない。上野&東京方面にも一本。

駅からは空中通路でつながっているので迷うこともない。

出張やイベント参加などで東京&埼玉に用事がある方、ぜひいつかこの角部屋体験を!

旅行の記事一覧