さいたま市のゆるキャラ「ヌゥ」を2012年干支年賀状の主役に!!!

写真

【速報】ヌゥ年賀状企画が実現しました!(公式サイトはこちら)。当サイトも「特別協力」でリンクしていただきました。11/11朝のNHKニュースでも流れたそうです。

毎年、自分主催で「干支の着ぐるみで年賀状用写真を撮影する」というプロジェクトを立ち上げている。もっとも大規模に展開した2008年には、週刊アスキーや東京中日スポーツでも紹介され、年々仲間もじわじわと増えていった。

●牛になる!プロジェクト
●うさぎ着ぐるみ撮影会@浅草・雷門
●≪着ぐるみ≫にわとりコッコちゃんの冒険
●年賀状用ネズミ写真撮影会 in お台場(1)

ところが今年は受難の年なのだ。
何故なら・・・

「来年の干支は“辰”」

10月に入ってから、「辰」の着ぐるみ調達をどうするかで日夜頭を悩ませているのが、検索していったところ、地元近くに実は答えがあったことに気づいた。

辰(たつ)=龍(りゅう)だ。
Wikipediaでも確認したがそう書かれている。

そこで「龍 着ぐるみ」で検索すると、埼玉県さいたま市のゆるキャラ「ヌゥ」が浮上。

この子だ。

写真

「ヌゥで2012年の年賀状を作れたら面白いのでは!?」

と思っていたところ、なんと昨夜、ヌゥに会ってしまった。場所はさいたま市観光ブロガーツアーの夜の食事場所となっていた、パレスホテル大宮の和食レストランの個室。

写真

「今日は後程スペシャルゲストが来ます」

と事前アナウンスがあった時、冗談で「ヌゥですか?」と返していたネタフルのコグレさんは、襖の向こうに本当にヌゥがいるのを見て、ビールを噴出したそう。

写真

ツノが邪魔で、部屋に入るのも大変なヌゥ。
まさかツアー参加者5名だけの宴席にわざわざ来てくれるとは!!!

私も思わず目が丸くなってしまった。

写真

ヌゥの目には勝てないけど。

しかし見れば見るほど思う。
12年に一度しか訪れない2012年辰年を目前に控えたこの年末・・・

「君は全国区デビューすべきだよ!」

と。

●年賀状用にウサギとパチリ-上野動物園「こども動物園」で撮影会 - 上野経済新聞
●特報/年賀状の画像はこれでバッチリ! マザー牧場で『牛と記念撮影会』-プチたび

毎年、年賀状発売が始まる11月になると、夕方のニュース報道で「○○動物園では、来年の干支うさぎと一緒に写真撮影ができるコーナーを設置、年賀状の写真を撮りに、家族連れが連日多数訪れています」などと流れる。牧場なども同様の集客を図るし、他のアミューズメントパークでも、看板など設置して、年賀状用の家族写真撮影スポットをたくさん作っている。

ところが今回それができるのが「タツノオトシゴ」という切り札を抱えた水族館くらい。

しかしタツノオトシゴは小さすぎ、家族写真向きではない。

そこで知る人ぞ知るゆるキャラの「ヌゥ」の出番だ。

写真

ヌゥと一緒に家族で写真撮影できる企画があれば、
年賀状目的の人達が集まってくるんじゃないかなあ。

もちろんパネルとかでもいいけど、可能ならやはり実物(?)が一番。
さいたま市内だけでなく、遠征しても人気者になれそう。

あるいは「ヌゥになれる着ぐるみ」とか欲しい。
フード付きのフリース素材で顔がだせる仕組みになってて、鼻先だけ装着する感じ。

着ぐるみのイメージはこんな感じ。

で、この白い鼻と口部分がなくて、
その代わりに・・・

とがった鼻が別にあり、ゴムで装着する感じ。

「みんなで来年の干支(ヌゥ)になろう!」

で、子供用&大人用があったら楽しいなあと。

そして皆が皆、さいたま市に足を運べるわけではないので、
年賀状に使えるデジタル素材をネット配布するなんてのもありだ。

いわゆる「年賀状デザイン集」。

そのまま文字を入れたりすればいいだけのものから、いろんなポーズのヌゥやお正月っぽいヌゥのイラストを自由に配置して使えるものなど。

写真

なあんてことを、昨日和室に突如現れたヌゥを目前にしながら改めて強く思った次第。
「のまのしわざ」野間さんと、「和洋風◎」のするぷさん)

写真

座るヌゥ。

写真

片足をあげるヌゥ。

写真

部屋から退出するのを、パレスホテル大宮の方々(手前は副総支配人!)に手伝ってもらうヌゥ。

写真

そういえば、お土産もありがとう。
11月過ぎにまたどこかで「年賀状アイドル」として会えるのを心から楽しみにしています!

●さいたま市PRキャラクター「つなが竜ヌゥ」

●2012年の干支は「辰」!竜の着ぐるみで年賀状用写真を撮ろう!(Facebookページ)

(ちなみに本格的に受難の年は来年です。2013年の干支は「巳(へび)」なので)

有限な人生の中のとある一日の記録つまり日記の記事一覧