もうiPhoneのバッテリー残量に一喜一憂しない!エネループ「モバイルブースター」

写真

誰かがFacebookに書いていてすごく共感した。
iPhoneのバッテリーを少しでも保たせるため、無線LANもGPSも切り、画面は暗め設定。誰かに道聞かれても地図アプリを開くことすらしない・・・こんなiPhone生活ってどうよ!!!と。

その気持ちすごくわかる。
スマホ依存度が高くなればなるほど、バッテリーは急激に減るし、夜肝心な時に使えなくなった時の不便さ・不安さといったら!

それで電池消費を抑えた使用が習慣づいてしまうのだが、そんなiPhone綱渡り利用がとってもストレスフルに感じ始めた。

「充電用のバッテリー何がいい?」

・・・と周囲のiPhoneユーザに聞きまくったところ、複数の人からこれをおススメされた。
今年新登場の、エネループ「モバイルブースター(KBC-L54D)」だ。

●楽天市場で「KBC-L54D」の最安値をチェック!
●Amazonで「KBC-L54D」を探す

  • 携帯電話やスマホなら約2~2.5回分充電可能(高容量5400mAh)
  • USBが2つで「iPhoneと音楽プレーヤー」など同時に2つ充電可能(1.5A出力)
  • 本体の電池残量・充電量を確認できる3色LEDランプ搭載

写真

大きさ(幅70×奥行22×高さ62mm)&重さ(約142g)は、毎日持ち歩くものとしてはやや重たいけど、現在のiPhone依存度の高さを考えると全然許容範囲。

もしiPhoneバッテリー残量を気にせず外出できれば・・・

  • 仕事メールもiPhoneからばしばし返信できる
  • 外付けキーボードで原稿書いてもOK
  • WEBサーフィンで仕事に必要な情報を集めてクリップ

なんていうことも気兼ねなくできるので、パソコン持参せず済むことも増えるし、移動時間をより効率的に使える。

写真

さらに2つ同時充電可能&容量もたっぷりなので、飲み会とかでバッテリー難民に救いの手を差し伸べることもできる。これまでよく“大容量バッテリー”持ちの友人から「よかったらどうぞ」と助けられて感謝しまくってきたので、今度は自分が、余裕の表情で「まだたくさんあるから・・・」と困ってる人に提供したい。

写真

実際、さっそく外出先で10%台から接続してみたんだけど、気づいたらもう90%台にまで回復してて、悲鳴あげたくなるほど感激した。

ああこれで・・・

自由だ!\(^o^)/

(どんだけ不自由だったのよ今まで・・・とも思うが)

写真

USBケーブル出力なので、iPhoneはもちろん、ガラケーでも他のスマホでも、あるいはICレコーダーや音楽プレーヤーなどでも充電可能だ。今後アンドロイドに乗り換えても問題なし。

●楽天市場で「KBC-L54D」の最安値をチェック!

ちなみに外見は同じようなもので、中に単三エネループ電池2本を並べて入れるタイプのもの(出力500mA)もあるので、買う時は型番(KBC-L54D)をチェックしよう。

私はUSB2個口のものを購入したけど、必要なければ1個口のもの(KBC-L27D)もある。

楽天市場で「KBC-L27D」の最安値をチェック!

パソコン&周辺機器の記事一覧