iPhone用のズームレンズ

写真

どこに行くにもデジカメ必携のブロガーなんだけど、最近ちょっとした外出の際にはiPhoneだけでよしとしちゃってる。解像度も十分だしね。ただ問題はたったひとつで光学ズームがNG。

それでGW前につい衝動買いしちゃったのが、iPhone専用のズームレンズ。

写真

もっとチャチなのが届くかと思ったら、小さいけどかなり立派なしっかりした作りの望遠レンズだ。レンズ以外にもいろいろなパーツが。

写真

iPhoneケースにミニ三脚、あとよくわからないパーツ。

写真

レンズを入れるための専用の袋とレンズ拭き布までついていて嬉しい。ちなみにマニュアルはなくてもいいんだけど、ここだけ注目。

写真

このレンズを使うとどういうメリットがあるか(Without→With)の説明。
グローバルに分かりやすいねw

(どうやったらこんなきゅっと引きあがったヒップになるんだろう・・・切実)

写真

使い方は簡単。
iPhoneケースを装着して、そこにレンズをねじ込むだけ。
見た目よりはるかに軽い作りのレンズなので、不安定感はない。

ケースも、レンズ装着しない時にそのままつけていても違和感ないシンプルでいい作り。カメラ部分のところはレンズねじ込む溝があり多少膨れているが、気にならない程度。

実際自分、GW中はこのケース装着しっぱなしだった。

写真

こんな感じ。

写真

そして、何に使うのかわからなかったパーツは、片端をきゅっとひっぱってiPhone本体をケースごと挟みこんで合体させる。

写真

すると、iPhoneサイドにミニ三脚を使うためのねじ穴が登場する。いや~なかなかうまくできてる!

写真

レンズは、ここでピントをざっくり合わせる。
その後の微調整はiPhone側の自動ピント調整でOK。

写真

完成~\(^o^)/

さすがにズームこれだけきかせるとシャッター押す時にぶれるので、手持ちより三脚あったほうがいい。ただ、机の上とか何か台座があってそこにがっちり固定できるなら不要だ。

写真

この写真で、どのくらいズーム効いているかわかるろうか。
iPhone画面に映っているのは、キッチンの流しの奥にある洗剤ボトル類だ。

(被写体が生活感ありありで今一つだけど・・・)

▼ズームレンズなし
写真

▼ズームレンズ装着
写真

▼ズームレンズ装着+iPhone側でデジタルズーム
写真

こんな感じ。
やはりiPhoneのデジタルズーム使うと当然、画像粗くなるけど、望遠レンズだけだったら普通にいい。ブログで使う分には問題ない。

今度は屋外での撮影で使ってみたいと思う。

●楽天市場で「iPhone 望遠レンズ」を検索

パソコン&周辺機器の記事一覧