充実!東海汽船主催「島トレ・レンタル原付バイクで巡る伊豆大島ツアー」(1)ダイジェスト版

写真

私は島が好きだ。そして2年前からバイクにはまり、乗っているのは原付二種のクロスカブ(110cc)。ツーリング行きたいけど、原付だと仲間探しがなかなか・・・。

そんな私にとって最高条件のツアーが誕生した。東海汽船が「島トレ」企画として主催するこれだ。

●島トレ・原付レンタルバイクで巡る伊豆大島ツアー! | 島トレ.com
●東海汽船127年の歴史で初、自分のバイクで走る島ツーリング募集

ツアー料金には伊豆大島さるびあ丸二等往復と民宿一泊、そして現地バイクツアーにバーベキュー含む4食が含まれ、さらにバイク現地レンタルならプラス1万円、自分のバイク持ち込みなら船の料金の4,140円~12,420円(排気量による)を追加で支払う。

「個人で船と宿手配して自由に回る方がいいかな」とも思ったんだけど、結論から言うと、このツアーに参加して大正解。

写真

とにかく盛りだくさん。
伊豆大島警察全面協力で、原付バイク講習からスタート(注:上の写真はもちろん白バイでまたがらせてもらっただけです)。しかも丸一日、島の絶景スポットにも詳しいお巡りさんが同行して案内してくれた。

写真

ひとりでふらり島訪れたのでは行けなかっただろう絶景スポットも多数。

写真

東海汽船スタッフさん一押しのたい焼き、アイス、コロッケも食べ、夜は参加者全員で豪華すぎるバーベキュー。14名中4名がひとり参加で、グループで来ている若くて元気な女の子たちともいろいろお話させてもらい、本当に楽しかった。

写真

目の前に三原山のすそ野が広がる露天風呂からの展望も最高!
いやー、こんな楽しいツアーがあったとは!

でもやはりハイライトはここ。

写真

三原山噴火の際の黒い砂礫に覆われた「裏砂漠」。

●「日本で唯一の砂漠」は東京にあった!伊豆大島の「裏砂漠」って知ってる? | RETRIP[リトリップ]

まさかこんな場所を原付バイクで走れるとは。

普通免許は持ってるけどバイク経験ゼロという参加メンバーが半分だったが、この盛りだくさん&ダイナミックなツーリングコースで「バイク楽しい!」とはまってしまった人も続出。
私ももちろん「島ツーリング」の魅力に改めてはまった。

ちなみにスケジュールはこんな感じ。

1日目22:00集合 東京竹芝客船ターミナル ※バイク持込みは21:30集合
23:00 出航~~(船中泊/2等)~~~
2日目05:00 大島着 御神火温泉で入浴・休憩(朝食は各自)
08:30 大島警察署にて安全運転講習会のあと、レンタルバイクおよび持込みバイクで島内ツーリング
昼食は港町で、地魚料理を堪能!
午後、裏砂漠や動物園、切り通しなど観光しながらツーリング
宿泊(民宿あさの/夕食はバーベキュー)
3日目08:00 民宿出発、大島温泉ホテルで朝風呂
朝風呂後、徒歩にて溶岩地帯散策、牧場で新鮮牛乳アイスを食べよう!
レンタルバイク返却後、元町周辺にて昼食
13:30 大島発~~(大型客船2等)~~
17:55 竹芝着

同じツアーに参加した方の動画はこちら。

▼伊豆大島バイクツーリングダイジェスト版(5分57秒)

▼島・トレ 伊豆大島バイクツーリング(1日目)(3分42秒)

▼島・トレ 伊豆大島バイクツーリング(2日目)(2分44秒)


写真も大量に撮ったので、詳細は別途レポートする。

> 続く

[旅]伊豆大島原付バイクツアー2016年5月

旅の記録&記憶の記事一覧