花粉症対策アイテム「ポレノン」使ってみた

写真

私は花粉症がひどい。
主に目と喉で、花粉飛散多い日は肌もかゆくなり熱っぽくなってくる。

なので外出時は、マスク必須。
風が強い時には花粉用グラスをかけ、髪に花粉をため込まないよう帽子もかぶる。

è?±ç²?é?²æ­¢ç?¨ã?®ç?¼é?¡è²·ã?£ã??ã??ä»?æ??ã?£ã?¦ã??ã?®ã?¯é?²é... on Twitpic

そんな花粉症の悩みをTwitterでつぶやいていたら、知人から紹介され、ついでに一本モニターとしていただいてしまったのが、花粉を吸着させるスプレー「ポレノン」だ。

●Pollenon(ポレノン)

スプレーすると、花粉にすばやく吸着して固めてしまうという成分だ。顔のまわりや周囲に吹きかけるという使い方で、自分のまわりの花粉を無害化してくれる。

写真

実際に使ってみた。

外出前に目をつぶった状態で顔や前髪に吹きかけ、あとマスク装着後、マスクの上にもシュッとひと吹き。

結果としては、花粉グラスなしでも目が痒くならなかった。風が強い日はダメかもしれないが、そうでなければ一定の効果ありそう。

ただマスクなしではやはりすぐ喉が痛くなってしまうので、「マスクさようなら!」は過剰宣伝かな。鼻呼吸だけの人なら問題ないかもしれないけどね。

写真

個人的に非常に気に入った使い方は、
帰宅後、デスク周りに吹きかけるというもの。

外出時、コートについた花粉はドアの外で払い落し、マスクや眼鏡も玄関でとり、なるべく部屋の中に花粉を持ち込まないよう努力している。

・・・がやはり完全に花粉シャットアウトとはいかず、帰宅後しばらくは、むしろ喉が痛くなったりすることもある。

ところが、先に机の周囲にこれをシュッとひと吹きしてから座って作業すると、その辛さがなくなった。

写真

同じく、ホテル宿泊時の部屋でもこれが重宝した。
さすがに喫茶店など、周囲に食べ物・飲み物がある場所では使いにくいけど、そうでなければ持参して、「最初に自分の周りをきれいにしておく」というのはありだなと思った。

●Pollenon(ポレノン)

なぜ人間が、杉の木の生殖活動のおかげでこんな憂鬱な日々を送らなくちゃいけないんだ!!!と憤慨する気持ちもありつつ、花粉対策を徹底し、なるべく体に負担掛けず春を乗り切りたいと思う。

使ってみました!アイテム&サービスの記事一覧