なんとサーキットで!電動一輪車「Airwheel(エアホイール)」三日目練習風景<動画>

写真

知人がカートをやっており、うちからも近い潮来のサーキットに今年初の練習に来ていると知り、見学させてもらうことに。その時ふと思った。

「駐車場でエアホイールの練習ができるかも!」

自宅前の細い私道での練習では限度がある。
もう少し広い場所なら曲がる練習もたっぷりできるだろう。

写真

クロスカブに取り付けたアイリスオーヤマ箱にもぴったり収まった。ちなみに緑色のラインは養生テープ。こういうモノは傷ついてなんぼなんだけど、新品すぎて他の人が使いにくいだろうなあと思ったため、いくらぶつけてもいいよう傷つきやすそうな場所に貼った。

まあ実際は、思い切り転倒して傷つけたのは自分だけだったんだけど(笑)

写真

初めて入るサーキット。
到着したのは12時ちょっと過ぎで、ちょうど昼休みに入ったところ。

駐車場の隅っこで練習するつもりが

「コースでやっていいよ」

なんて言ってもらい・・

写真

本当にコースで。
外周をぐるっと一周し、カーブを曲がる練習もたっぷりできた。

カート練習に来ていた知人と同じチームの人達も「初めて見た」「こんなのあるんだ」と興味津々。ぜひ試してみてください!と貸し出すと、持ち主の自分がびっくり。一発で乗りこなしてしまった。

改めて実感した。

自分って本当に鈍臭いんだな・・・

そんなレーサー達の初体験動画がこれ。

その後、自分もパドックで練習。
補助輪付きで時計回り・反時計回りでぐるぐると曲がる練習。

動画の中でブイブイ音がしているのはカート。
初めて見るカート車体は、すべてがむき出しでシートは地面すれすれ。

それが、コース内をきゅんきゅん曲がって爆走していく様子は迫力ものだった。なんであんなスピードで曲がりながらハンドル操作ができるのか、不思議で仕方ないほど。

こんな神業な運転ができちゃう人達なのだから、電動一輪車もすぐ感覚掴めちゃうのは当然だなとちょっと納得。きっと一時間も練習したら、補助輪なしでくいくい走り回っちゃうに違いない。

何はともあれ、カート見学&サーキットでのエアホイール練習という貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました!

使ってみました!アイテム&サービスの記事一覧