タニタの活動量計「カロリズム」

写真

以前、知人にもらった活動量計「カロリズム」を使い始めた。活動量計は万歩計の進化したものと考えるといいと思う。歩数だけでなく日常生活の他の活動での消費カロリーもわかるというものだ。

写真

きっかけはこの本「やせる!」。

今は体重を減らそうとは思っていない。
昨年9月から12月までのダイエットで適正体重まで落としたので。

では何故この本を?というと、Amazonレビューも読み、食生活改善のベーシックな知識を得られそうだったため。実際に読んでみて非常に参考になった。食生活改善&運動という正攻法以外に健康的にやせる方法はないこと、体重を適正レベルに維持し野菜たっぷりの食生活を送ることは、見た目&健康面はもちろん精神面でもプラスの作用が働くということ。

食生活はここ一年でかなり改善したが、なかなか多品目でバランス取れた食事というのを実現できていないので、ここはもっと工夫が必要なところ。ローフードの本も読み、野菜レパートリーを増やし始めた。

ぐさっときたのは、「ジムに通ってることで安心してしまっていないか」というくだり。
ああ、それまさに自分だ~。

写真

モチベーションを高め、楽しみながら毎日きちんと歩く習慣をつけるために万歩計がおすすめされていたが、私の万歩計は残念ながら洗濯機の中で短い寿命を終えてしまったので、これを使うことにした。

写真

歩いた歩数分の消費カロリーだけでなく、あくまで推定ではあるが、総消費カロリーが表示される。

●タニタの活動量計|カロリズム

↑今はさらに新しい商品がでていて、私が持っているのよりははるかに進化しているが、基本的な仕組みは一緒。安静にしている時や家事・仕事などで動いているときの消費エネルギー量も計測してくれる。

自分のカラダが、毎日どれくらいのエネルギーを使っているか、ご存知ですか?「カロリズム」は身に着けるだけで、カラダの動きを計測し、1日の消費カロリーや1日の活動リズムなどを知ることができる活動量計です。歩行はもちろん、仕事や家事、ボーッとしている時間まで、さまざまな活動の消費カロリーを表示。「上手にダイエットしたい」「楽しみながら健康管理したい」といったあなたのカラダマネジメントをサポートする、頼もしいツールです。

写真

これは家にこもりっきりでパソコン作業していた時の歩数モード。
左側のオレンジと青のグラフには、時間帯別の消費エネルギー量が棒グラフで表示されている。

トイレいったりお茶入れに台所往復するだけだとこんな情けないグラフだ。

写真

そのキロ数表示。
わずか120mって・・・。

写真

一応言い訳兼ねて、ちゃんと外出する日は歩いている。
これは1日前のもの。

確か5日分まで記録できたはず。

写真

ちょっとよくわからないのが、この「Ex(エクササイズ)」と「メッツ」というデータ。身体活動の量を表す単位らしい。

●目標は毎週23エクササイズ!-健康づくりのための身体活動量-

写真

毎週23Exということだが、たいした運動してなくても達成できてしまっているので、あまりあてにはならなそう。

そんなわけでここは無視して、基本的には歩数と総消費カロリーを見ている。

確かにこうしたものを日常持ち歩いてたまに見ていると見ていないでは全然違う。一日家にこもってしまった日など、自然と「散歩兼ねて少し遠くのスーパーまで買い物にいってくるか」と思えたりするので。

●楽天市場で「カロリズム」を検索する

2012年は自分にとって、人生後半戦に向けてかなり生活習慣を変えられた年になった。来年はさらに食生活改善を図って、運動習慣も定着させたいなと思う。

40代からの健康&ダイエット&美容の記事一覧