アドエスの電話帳を移行

写真新旧2台のアドエス間で、電話帳(「連絡先」)だけ移行することにした。端末間のデータの移行方法はいろいろあるみたい。

一般的なのは「ActiveSync」使っての同期。

昔、PDAのZaurusユーザだった頃使っていたが(いや、シグマリかも・・・)、PCのWindowsと、アドエスのWindows Mobileの間で、データの同期を図るためのソフトだ。

これを使うと、二度目からはPCとアドエスをUSBで接続しただけで、連絡先やメール、お気に入り(ブックマーク)、メモ帳、ファイルなどが同期する(どちらか一方を更新すると、もう一方も新しくなる)。

便利なんだけど、自分はメールやスケジュールに「Outlook」を使ってないし、ブラウザはIEじゃない。・・・となると、逆に、そのためにOutlook立ち上げるのも面倒だよなあ。

次の選択肢は、ウィルコム公式サイトで無料ダウンロードできる「H"問屋」というソフト。
実は、前の機種からアドエスには、これを使ってデータ移行した。

●H"問屋(ウィルコム)

これも便利。
ただ、なぜかVISTAが対応OSに入ってなくて、あとなぜか、新しい方のアドエス接続してもうまくいかなくて、面倒になってやめてしまった。

で、これにした。

写真

設定>電話>その他>電話帳転送

写真

W-SIM⇔「連絡先」間で、電話番号とメールアドレスを最大700件転送できます

ちなみに「W-SIM」って、こんなもの(説明はしょります)。

無線通信技術(アンテナ部および無線機)を搭載し、電話帳などのユーザデータを合わせ持つ汎用性のある多機能通信モジュール

とあったので、電話帳は自動的にこっちに保存されているのかと思ったけど、普段は内部メモリに書き込まれていて、端末内で移動させる必要があるみたいだ。

写真

1.「連絡先」に電話帳データを追加します(読み込み開始)
2.電話帳を「連絡先」に置き換えます(書き込み開始)

むむ?どっちだ?
「に」と「を」「追加」と「置換」混在で、さらに「転送先」「転送元」という順序で書かれているので、なんか一瞬迷ったけど、

1.W-SIM→内部メモリ(W-SIMカードからの読み込み)
2.内部メモリ→W-SIM(W-SIMカードへの書き込み)

ということだった。

写真

大した数じゃないので、書き込みはすぐに完了!

写真

そして、W-SIMカードを取り出し、
ブラブラな新アドエスに差し込む。

ちなみに、これがブラブラなアドエスのデフォルト状態のテーマ(壁紙や配色のセット)。

写真

他の方のレビュー記事で読んで知っていたにもかかわらず、
いきなり茶色いでっかな犬が現れてびっくりした。

意外に茶色ベースのこのテーマ(Willcom_brown)が気に入って、そのままにしている。

写真

こちらも、ボタン押して簡単に読み込み完了。

写真

そして無事、電話番号やメールアドレスのデータが移行された。


+++


データ移行作業はこれでもう十分だけど、
今後、連絡先とかメールデータとか、撮った写真とかを定期的にPCにバックアップするために、メインで使っているパソコンにも「ActiveSync」入れて、USBつないだら自動で同期とるようにしようかな・・・と考え中。

(そうしたら、アドエスに登録したいURLとか、入れておきたいファイルとかも、いちいちメールしなくてすむし・・・)

パソコン&周辺機器の記事一覧