これ面白い!iPadをノートPCに変身させるキーボード付iPadケース「iPad case with Keyboard」

写真

オンラインショップを運営している知人から「面白いものがある」と呼び出され見せられたのがこれ。キーボード付のiPadケース「iPad case with Keyboard」。超薄型のシリコン製キーボードが一体となったケースだ。

写真

ぱっと見は、普通のiPadケース。
実は自分も無線LANタイプのiPadを購入しており、今は実家の親に貸している。傷つくのが嫌なのでケースに入れている。

写真

とめ具は、中にマグネット板が入っていて、ぱたんと閉めればすぐくっつく仕組み。開け閉め楽だ。

そして開くと・・・

写真

片側に超薄型のシリコン製キーボード!
Bluetooth接続だ。

写真

キーボード部分の厚みは1cmくらいだろうか。
かなり薄く感じる。

写真

素材はシリコンでやわらかい。
ただキーボードの上面は少し固めになっているのでタイピングしにくいことはない。

写真

電源を入れると右上のボタンが青く光る。ただすぐスリープモードになるのか、タイピングを停止するとすぐランプは消える。そしてキーボードをたたくとまた青く点灯する。

このキーボードを充電する端子は、iPadやiPhoneと共通。
いくつものACアダプタを鈴なりにしなくていいのは結構うれしいかも!

写真

使うときには、iPad挿入部分をこんな風に立ち上げる。
今ルノアールで手元にないので、まあここにiPadが入っていると想像してみてください。

写真

キーボード上部に突起ラインが何本かあって、角度を変えられるようになっている。一番傾斜をつけると右の写真のようになる。ノートパソコンみたいにiPadを使えるのは面白い。しかもケース一体型で。

基本的に、iPadはキーボードなしで使うものだと思う。
それでも十分、ネット閲覧もアプリ利用もできるし、メール作成もしんどくない。

ただ長い文章を打つ場合には、このキーボードがあるとすごく楽だろう。

今でも十分「ノートパソコン代わり」になるiPadだが、これが加われば、出張にiPadオンリーででかけてもさらに不便なさそう。

自分なんかだと、昨年実施した東海道53次ウォークのような街道ウォークや海外旅行にこれ一台持参すれば、地図・ガイドブックがわりにもなるし、ブログ記事作成にも十分使える。

写真

キーボードは、普段VAIO type Pを使っている自分にはあまり違和感ないが、男性にはちょっと狭いキーピッチかもしれない。正確な幅は後ではかるけど、いわゆるネットブック並み。

写真

上はVAIO type Pだ。
Pよりちょっと幅あるかな。

写真

ちなみに、Bluetooth接続なので、iPhoneでも利用できる。
キーボードのコネクトボタンを押して、その後iPhone側に表示された四桁の数字を打ち込めば、同期設定は完了。簡単♪

写真

ためしにTwitterの投稿画面を開いてキーボードたたいたら、
iPhoneに文字が!

ちょっと感動!!!

実家にあるiPadを今すぐ回収してきたくなった瞬間。

iPad仕事持ち歩き派にオススメです♪

パソコン&周辺機器の記事一覧