壁に床に、顔にも!?落書きしまくり銀座らくがきカフェ&バー(2)カラフルメニューを楽しむ

写真

銀座らくがきカフェ&バーは、落書きを楽しむだけの場所ではない。飲食だってもちろんできる。どんなメニューが用意されているかというと・・・

フードやドリンクは、ぺんてる女性社員と銀座B.E.HOUSE日比谷バーの調理スタッフが、ディスカッションと試作を重ねて開発した、新メニューが多数登場します。前回話題となったのは色が変わるハーブティーでしたが、今回は色が変わる焼きそばが登場。さらに、ぺんてる製品の外観そっくりに作られたおつまみやドリンク。虹色のカラフルなピザや、インクのように鮮やかな3色のハーブティー。くれよんのパッケージでお馴染みのぺんてる公式キャラクター「ペペ&ルル」からイメージしたランチプレート。どれも見て楽しく、食べて美味しい、斬新なメニューばかりです。大人気のオムライスやパレットポテトは、定番メニューとして今回も登場します。

●プレスリリース~ぺんてる女性社員と日比谷バー共同開発の新メニュー登場 『GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel』

写真

まずドリンクメニューがこちら。

写真

写真

写真

カクテル的なものも「アルコールありでいいですか?」と聞かれ、希望者にはアルコール抜きで提供される。

写真

フードはこちら。

写真

写真

ランチタイムに食べに来てもよさそうなメニューも揃っており、お茶兼ねて軽く何かを食べたいなんて時にもよさそう。

写真

プレイベントでは、目玉メニューが提供された。
淡いパステルカラーの氷が入ったぺんてるソニック。

写真

カラフルおつまみセット。

ポップコーンは照明消してブラックライトにすると、一部が光りだす。
黒と緑の物体は唐揚げだ。

写真

くれよんチョコの包み紙だけは食べられないが、消しゴムのカバーは食べられるインクで印刷したもので、全部食べられる。中身はチーズだ。
非常にきれいで細かな印刷で、側面のバーコードなどまでしっかり描かれていて仰天した。

写真

フライドポテトすらこんなポップな感じに。

写真

こちらは「RAKUGAKI カラフルたこ焼き」。
5色のソース類と一緒にサーブされる。

左の白いのから、マヨネーズ・マスタード・ソース・ケチャップ、そして右端の青いのはチーズ。

写真

そんなカラフルなソースを使って、好きな絵を描く。
ちなみにたこ焼きは間に挟まっている。

写真

飲みものも、新しいものが登場するたび、テーブルに歓声が起こった。
ポスターカラーをイメージしたパイナップルとオレンジのリキュール系カクテル。

写真

これはレモンビール。
黄色と濃い緑の2層にわかれていて、真横から見るとなんとも不思議。

写真

確実に盛り上がるのはこの「もくもくわたあめドリンク」。

写真

黄金色に輝くジンジャーエールが小さなグラスに入って出てきて、それを自分でわたあめの上にかける。

写真

かけてびっくり。
しゅわしゅわーっと、あっという間にわがあめが溶けて、どろどろになってゆく。

写真

「カメレオン焼きそば」はレモン汁をかけると・・・

写真

緑色だった色が消えて、普通のパスタカラーに。
紫キャベツの色変わり実験、やったよな~。

写真

最後に注文したドリンクはこれ。
自分で色をつけるカクテルだ。

写真

キャップを開けて中に注ぎ込むと・・・

写真

色鮮やかな赤いカクテルが完成!
他に黄緑色と青もある。

「修正液ソーダ」を注文していた人も多かった。

他にキリン一番搾りやグラスワイン、ウーロン茶など、ノーマルなドリンクも用意されている。

「ちょっと面白いカフェバーがあるんだけど行ってみない?」

そんな風に誰か誘って訪れてみたらどうだろう。
遊び心ある人ならきっと楽しんでくれるはずだ。

写真

私も楽しませてもらった。
期間は、2月4日から3月31日まで。

機会あったらまた誰か誘って行ってみたい。

●GINZA RAKUGAKI Cafe&Bar by Pentel

好奇心を刺激するイベントの記事一覧