木製アーミーナイフ「VICTORINOX(ビクトリノックス)「エボウッド10」

写真

愛用していたビクトリノックスのツーリストを紛失してしまったので、久々に新しいナイフを購入。今度はツーリストと同じ機能だけどハンドル部分が全く違う新シリーズ。木目も美しいウォールナット材を使った「エボウッド」シリーズにした。

新製品「エボウッド」は、褐色で滑らかな美しい木目を持つハンドルの木材に、スイスの自然の中で育ったウォールナットを使用しています。一本ずつそれぞれ異なる表情を持ち、美しいデザインを実現するのに適した素材であると同時に、アウトドアでの使用に耐えうる強度を兼ね備えています。また、人間工学に基づき湾曲したエボリューションデザインを採用し、高い操作性と、見た目の美しさが特徴的です。使い込むほどに風合いが増し、自分だけのナイフとして育てたくなる一本です。(公式サイトより引用

写真

まだ発売直後ということで、店頭で実物にお目にかかったこともなかったが、ネットで見つけて衝動買いしてしまった。でも大満足。質感は予想以上によかった。

ちなみに買ったばかりで少し硬かったので出していないが、ワインスクリューと同じ側にリーマー(穴あけ)がついている。数回開いたり閉じたりしているうちに柔らかくスムーズに開閉するようになった。

写真

単に素材が違うだけでなく、大きなナイフを使う時に親指でハンドルを握りやすいよう流線型の凹みがつけられている。これがきっと「人間工学に基づき湾曲したエボリューションデザイン」という部分なのだろう。

写真

反対側にも同様の凹みがあるので、親指と人差し指でぎゅっと握ると手の中でとても安定する。

写真

この「エボウッド」シリーズは全部で四種類あり、これは機能数でいうと下から二番目の「エボウッド 10」というものなんだけど、個人的にはこれが一番使いやすいと思っている。ミニはさみがついたものもあるが、それは急に厚みが増えてしまうので。

写真

ちなみに銃刀法では刃体6センチを超える刃物を正当な理由なく携帯することを禁止されているが、折りたたみ式ナイフは条件を満たしていれば8センチ以下までOK。ビクトリノックスのスイスアーミーシリーズは条件もクリアしている。

あ、でもそもそも刃体6センチ以内か。
ナイフとしての全長は8.5センチ。

今度はなくさず、木製のハンドルに深みがでてくるまでしっかり使い倒そうと思う。

キャンプに行こう!の記事一覧