8個で850円のみかんの実力やいかに!?

写真打ち合わせで訪れた某社を退出しようとした時のこと。突如、声にやたらハリのある某社社長に聞かれた。

「わださん、みかん要ります?」

みかん? 食品とはまったく関わりない会社なのできょとんとしていたら、みかんが差し出された。しかもたった一個だけ???

 
「一個100円のみかんなんですよ」


マジですか!?
そんな高級みかん、食べた事ないですよ!!!


・・・と思ったら、実は「高級みかん」というわけでもないらしく、昼間オフィスに突然果物の行商人(?)がやってきて、社内にいた一人が購入したらしい。その価格たるや、8個850円

「女性だったら絶対買わないでしょ、」

うん。

見た目Mサイズで、近所のスーパーなら10個398円くらいで売っていそうなものが倍以上となれば、よほど説得力のある理由がない限り買えない。しかもいつも出入してる人とかじゃなく、イキナリの飛び込みらしい。

「不意をつかれるとつい買っちゃったりするみたい」

そういうもんなんだ~。すごい商売だなあ。
でももしかしたら、すごいブランドみかんだたったりするのかな?

写真

せっかくなので、近所のスーパーで買った10個398円(←やや不確かな記憶)のみかんと食べ比べしてみることにした。

左がいただきものの1個100円近いやつ。
右がうちの近所の、1個40円くらいのやつ。

右のほうがひとまわり大きいように感じるだろうが、それは単なる遠近。

写真

実際には、自分が買ったやつのほうがひとまわり小さい。
そして買ってから5日ほど台所に転がしていたので、多少乾燥し始めている。

写真

さあ、その違いやいかに!?
深夜のみかん対決だ!

写真

まずは行商人みかん。
第一印象、「むきにくい」。

むきにくさに、忘れかけていた遠い過去の記憶が突如蘇ってきた。

◆紀州三昧のみかん(WADA-blog)

ONEDARI BOYSの永沢さんからお裾分けしてもらった、あのむきにくくて甘いみかん!

写真

この行商人みかんも、正直むきにくい。
むいている途中で、皮がぶちぶち切れる。

  • 皮が薄い
  • 身がぎしっと詰まっていて皮との間に隙間がない
  • 身に割と弾力がある

写真

中身は、相当「ムチムチ」している。
男性ならきっと「豊満な熟女の肉体」と表現するかもしれない。

写真

一方、近所のスーパーのみかん。
断然むきやすい。

写真

皮と身の間にわずかだが隙間ができている。
もしくは皮の内側の白い部分が厚めで、それが「隙間」と感じられるのかもしれない。

写真

皮の厚みは比べてみれば一目瞭然。
左側が近所みかん、右側が行商人みかん。二倍以上の差だ。

写真

房の数は、行商人みかんが11房あったのに対し、近所みかんは9房。
これはおそらく、サイズの違いによるものだろう。

皮付きの時のサイズ差よりも、むいた後のサイズ差の方が断然大きいのがわかるだろうか。皮が薄く実がぎっしり詰まっている行商人みかんは、外見以上の中身の詰まり度合いだ。この点では、行商人みかんが一点リード。


問題は味だ。


写真

まずは行商人みかんを食べてみた。

これは・・・

間違いなく・・・


甘い!!!味が濃厚!!!


おいしい。
一個100円は伊達ではないのかもしれない。

社内で「一個100円のみかんを買うなんて・・・」と馬鹿にされたかもしれない人に言ってあげたい。おいしいですよね、このみかん!と。

写真

続いて、近所のスーパーのみかんを一個食べてみた。

う・・・
こ、これは・・・
どうする・・・


全く同じくらい甘くて濃厚でおいしいぞ (^_^;


写真


結論!


たぶん差額の400円は、行商人が6階オフィスまで売りにきてくれたデリバリー料。

もしくは、ハードすぎる業務の中で思いもかけず「買いたてのジューシーなみかん」を食べられたという付加価値に対して支払った料金かもしれない。

なんにしても、いただいたみかん、
とっても美味しかったです。

ごちそうさまでした♪


★楽天市場で売れている人気「みかん」の最新ランキング → そのお値段は?


この記事は、レビューブログ記事専用トラックバックセンター「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

グルメ&ドリンクの記事一覧