トンパ文字で名前キーホルダーを作る

写真

麗江でぜひチェックしておきたいのはこれ。
大水車がある広場などに数軒ある。

ナシ族の司祭が使っていた象形文字「トンパ文字」は日本でも幸福のお守りなどで知られている。現在はもう使える人はごく一部だそうだが、観光地でのお土産などでは大人気だ。

●トンパ文字 - Wikipedia

写真

そのトンパ文字で自分の名前のキーホルダーやアクセサリーが作れる。

漢字と対応するトンパ文字が描かれたパーツを組み合わせて作ってもらう。漢字はピンインがわからないと探しにくいので、紙に自分の名前を書いてお店の人に見せるといいだろう。

ちなみにすべての漢字があるわけではないので、中国人の人名で使われない漢字だと見つからないかもしれない。

写真

私の名前はこれ。
価格は確かパーツ一個6元か10元だった気がする。パーツ以外(紐やビーズ)は料金かからない。

名前の他「幸福」「愛」などのパーツもある。

写真

他にお土産で心魅かれたのは風鈴。
看板にも風鈴にも「一米陽光」と書いてあり何だろう?と思ったら、麗江を舞台にした同名のドラマがあったようだ。

機会あったら見てみたい。
風鈴もキーアイテムとして登場するのかしらん。

写真

名前など掘ってキーホルダーを作ってくれるお店も多い。世界に一個だけのこんなお土産もきっといい記念になるだろう。

[旅]中国生活2013-2014<広東&雲南旅行編>の記事一覧