夏でも快適な新素材「フリードエアーデニム」

写真

最近の新素材は本当にすごい。
厚手ストッキング程度の厚みなのに、もこもこ綿シャツよりはるかに体温まるインナーだったり、内側汗でびっしょりなのに外に全然響かないものだったり。

そしてニッセンが発表した新しい「夏用新素材」がこれ。
デニムなんだけど軽くて柔らかい履き心地。でも見た目はぺらぺらしておらず、本格デニム並みのしっかり厚みある生地のように見えるというもの。

その名も「フリードエアーデニム」。

ニッセン
「しなやかで、柔らかい」新感覚デニム Freed Air denim

写真

都内某所で開催されたニッセン夏新商品体験会で見せてもらい、いろいろ説明を聞いた。

  • しなやかで、柔らかい」新感覚デニム
  • まるで空気のような軽い履き心地
  • 販売から10日間で10,000枚の販売実績

私はデニム着用がかなり多いんだけど、確かに夏場は暑い。かといって見るからに薄い生地というデニムはあまり好きではない。

写真

これは子供用のカーゴパンツ。
写真だと伝わらないと思うけど、見た目はしっかりした本格デニムだが、実際にはかなり薄めで柔らかい生地だ。

写真

ニッセン担当者の女性が履いていたのはショートパンツ。

写真

自分にはちと若すぎちゃうけど、これもなかなかよかった。
お値段は1,990円(ウエスト58cm~70cm)と2,190円(73cm・76cm)で2色。

写真

薄い色の「ユーズドブルー系」だとこんな感じ。
夏だとこっちもいいかな。

写真

ポケットまわりはこんな感じ。
値段はかなり安いんだけど、デザイナーの田山氏とのコラボで細部にこだわっているとのこと。確かにポケットや切り替え部分の合皮パイピングは恰好いい。

写真

赤いステッチやボタンもいい感じ。

写真

デザインも、男性・女性・子供用とそれぞれ何パターンもあり、女性用には、裾にシャーリングが入ったものも。こちらも涼しげで編み上げサンダルなんかと組み合わせてもよさそげ。

でも自分が買おうかなと思っているのはこちら。

写真

バギーパンツだ。
お値段は2,990円(~70cm)/3,190円(73cm・76cm)。裾幅は24~26cmだ。

口コミ見るとかなり評価高い。
履き心地の良さというところが圧倒的に支持されているようだ。色違い購入を検討している人もいた。

写真

バギーパンツとは別のデザインのものを試着してみた。
確かにすごく柔らかく、履いていて暑苦しさを感じない。

「ボテっとして見える」

という感想もあるかもしれないけど、ボテっとしているのは商品ではなく中身です。その割にはすっきり見えていると思う。

あと見た目的には特に「テロテロ」した感じではないのが気にいった。

あと今見たら、このシリーズもちゃんと、股下サイズ77cmと72cmの2種類が用意されていた。まあ・・・72cmでも、旧人類の私は届いてからの直しが必要になっちゃう可能性ありつつ、意外とぎりぎり大丈夫かもしれない。

ニッセン
「しなやかで、柔らかい」新感覚デニム Freed Air denim

ちなみにフリード(freed)とは、フリー(free)=解放する/自由にする/解き放つ の過去分詞で「解き放たれた」などの意味。

今年も暑い時期がやってきたけど、他にもいろいろ涼感新素材のものが結構お手頃価格であるので、今のうちにチェックしておくといいかも。

ニッセン
汗をかけば、かくほど ひ~んやり冷たい!新素材パッとクール 

ファッションの記事一覧