山東省旅行(4)港町・青島で海産物を堪能!

写真

青島は有名なビーチリゾート地で、海産物も有名。
青島ビール博物館の前の「青島ビール街」にも海の幸を食べさせてくれる店が軒を連ねていた。

写真

どの店もテラス席にテーブルを並べている。
やはり夏は外で味わうビールが最高だよね!

写真

もちろんビールは青島ビール。

写真

お昼前だったのでどの店もガラガラだったが、博物館や海沿いでは観光客がかなりいたので、きっと夜は大賑わいになるのだろう。

写真

グレード高そうなお店も結構ある。

日本でもそうだけど、旅行に来ている中国人観光客のお金の使い方は半端ない。特に夕食には力が入る。青島でもきっと、時価のあわびやら魚やらの注文が飛び交うんだろうなあ。

写真

多くの店は、店頭にこんな感じのいけすがあり、貝やカニ、魚の実物を見て、料理方法を指定して注文できるようになっている。

日本人的には非常にそそられる。

青島はやはり、ひとりで来ちゃもったいないところだった。大勢できて、新鮮な海の幸をつまみに、ビールをあおるというのが正しい青島の楽しみ方だ。

・・・と思いつつ、せっかくなので自分も海鮮料理を食べにお店に入ってみた。ひとりでも食べられる量のものあるよということだったので。

写真

確かに想像していたより結構お手頃価格だ(1元は約16~17円)。左上のあさり(15元)と右上のウニ(20元)を注文してみた。

写真

涼菜もビールのつまみによさそげなものが揃っている。
ああ、いろいろ食べたかったよ~。

写真

ビールは四種類。
緑のビールってどんなのだ?

気になりつつ、博物館で飲んだ2杯だけでちょっと酔いがまわっていたのでここでは見送った。

写真

まずウニ。
・・・は、期待したのとはちょっと違い、ウニ入りの茶わん蒸し的なものだった。確かにメニューにもそんなことが書いてあるので単なる私の勘違いだ。

写真

あさりは美味しい!!!
味付けは塩と中華調味料程度でさっぱり。ニンニクと唐辛子がよくきいていて、ビールに非常にあう。

ただなにぶんにも量が多い・・・

写真

頑張ってひたすら黙々と食べ続けてやっと半分。
残りをテイクアウトにしてもらおうかとも思ったが、午後もずっと歩き回る予定だったので断念し、残して帰ってきた(あさりに申し訳ない・・・)。

次は絶対に何人かで来る!
そしてビールと海産物を心ゆくまで!

写真

[旅]中国生活2013-2014<北京編>の記事一覧