広州市内散策~上下九路から越秀公園まで

写真

茶楼で朝食を食べた後、上下九路をぶらぶら散策し、カトリック教会「聖心堂」を見てから越秀公園まで歩くことにした。

中国の街歩きがとても楽しいのは、近代的な高層ビルが立ち並ぶエリアや、この上下九路のように洗練されたショッピングゾーンを歩きながら、少し路地に入ると・・・

写真

いきなり下町風景になることだ。
まるで映画のセットの間を歩いているような不思議な感覚に襲われる。

北京も上海もそうだ。

写真

ちなみに今回この細い道を歩いたのは何も路地裏探索をしたかったからではなく、上下九路から聖心堂に行くには、この道を通る必要があったからだ。

「本当にこの路地の先に、広州の一大観光地でもある聖心堂があるのか?」

と、iPhoneで地図&現在位置確認しながら歩きつつ、ちょっと不安になった。

でも地図は正しかった。
荷物を運ぶリヤカーを避けながら歩いていたら、突如現れた。

写真

1863年~1888年にかけて建築された、中国で最も高い尖塔をもつというカトリック教会「聖心堂」が。

清の時代にこんな巨大なゴシック教会を建てちゃったんだ!
建築様式も技術もまったく違う国で、大勢の人を使ってこれだけのものを建てるって、本当に気が遠くなるような作業だよな。

多分作業に従事していた中国人も、最終的にどんなものができあがるのかわからず円柱を切り出したりしていたんだろうし。まわりにも高い建物なかったろう清朝末期の地元の人もびっくりしただろうな。

写真

日曜日だったので、ミサが行われていた。

写真

再び外にでて公園に向かって歩くと、お正月用品を売る店がびっしり集まった商場。東京の浅草橋を思い出した。

あと3週間もすれば中国はお正月を迎える。
「福」と書かれた真っ赤な様々な飾り物は、玄関や家の中に飾ったりするもの。お年玉袋に相当する「紅包」もたくさん。

写真

そして目的地、越秀公園の南端にある中山記念堂に到着~!

[旅]中国生活2013-2014<広東&雲南旅行編>の記事一覧