きっと喜ばれる“東京のお土産”を探せ!~東京駅一番街探索ツアー(3)

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

写真

さて、せっかくの「東京土産」なのだから、
「東京ならではのもの」を探したいという人も多いだろう。

よくも悪くも首都・東京。
全国各地の人気店が出店しているため、うっかり間違えると、お土産を持っていく先に本店があるものを選んでしまう危険性も。

写真

もちろん、京都に本店がある「ARINCO」のロールケーキでも、このように「東京駅限定」なら京都の人にとっても珍しくまた喜ばれるだろう。

写真

あとはやはり「江戸の老舗」狙いだ。
江戸グルメといえば「下町の佃煮」。

写真

浅草今半の佃煮詰め合わせは、私も前にもらって食べたが、

ご飯がすすむ!すすむ!

「今日は何にしようかしら」と楽しめるし、年配の人にも喜ばれ株があがるはずだ。

写真

525円から買える単品のものもあるので、これなら出張先の方への軽い手土産にもいいだろう。もちろん個人で食べるにも♪ 賞味期限はほとんどのものが6カ月と長い。

写真

東京土産かどうかは不明なのだが、そのすぐ隣にある「酒悦」は“酒党”な人へのお土産に最適だ。今回一緒にまわったブロガー3人が全員一致で

「これ自分用に買う!」

と目をキラキラさせて叫んだ品が↓これだ。
まじでテンションあがった。

写真

楊枝で刺している試食品、なんだと思う?

写真

「さば燻製」

ヤバイよこれヤバイ。
こんなの初めて食べた。

1枚だと税込480円、3枚で1100円。

冷凍なんだけど24時間持ち歩ける保冷パッケージで販売してくれる。
この日は日中の気温が30度を超す夏日だったんだけど、迷わず買ってしまった。

それほど美味しい。

まったく硬くはなく、脂たっぷりのって身もふっくらのソフト燻製。
燻製好きな人なら、東京駅で途中下車して試食する価値もあるほどなので、是非機会“作って”賞味してみてほしい。

写真

さば燻製以外に自分が購入したのが、
東京駅限定の「二色金つば」。

写真

いつもお世話になっている会社の女性スタッフの人達へのお土産にしてしまったので私は食べていないのだが、後から写真付きで「美味しかったです」という言葉がたくさん寄せられていた。

写真

一個一個が結構大きめ。
きんつばは女性中心にファンも多いので失敗がない。

私も大の「あんこ好き」なので、きんつばには目がない。
あんこと言えば・・・

写真

浅草土産の定番、舟和の「あんこ玉&芋ようかん」。
この素朴さが、いかにも参道で売られている昔ながらの参拝土産品でいいよね。

日持ちはしないものの、甘さ控えめなところがお茶菓子にもいいので、お盆帰省の手土産におすすめ。

私もよくこれ買っていく。
子供にも好評だし、サツマイモの繊維もたっぷり♪

+++

さあ、気になるお土産はあっただろうか。
試食できるところもあるので、時間に余裕もって訪れじっくり選ぶといいだろう。

ちょっと時間ないかな・・・という場合には、
公式サイト見て、あたりをつけておこう。

●東京駅一番街公式サイト

> 「東京キャラクターストリート」にも行ってきました!

PRの記事一覧