ヨコスカサマーフェスタ2011(前篇)

写真

海上自衛隊の横須賀基地で開催される一般公開イベント「ヨコスカサマーフェスタ2011」に行ってきた。ちょうどその日の午後、三崎港からレンタルボート遊びする予定になっていたので、せっかくならハシゴだ!と。

横須賀駅近くに前泊して、開場1時間前の8時頃列に並ぼうかと思っていたら、Jさんから7時半頃に電話。

「もう並んでるよ」

ホテルでてJR横須賀駅まで行くと、もう駅から見えるところまで列が伸びていた。

写真

ただ、列の始点そのものが割と駅よりだったみたいで、7時半に並んだJさんの前に並んでいるのがざっくり数えて50人くらい。

8時に並んでも割と前のほうで、整理券なども手に入りやすそうだ。

写真

列に並んでいる間にも、音楽隊がやってきて演奏してくれたり、目の前にヘリコプターが飛来してきて、海水を吹き上げながら着陸したりで、結構飽きない。

写真

8時過ぎにはゲート直前まで移動し、8時半頃には開場となった。手荷物検査のゲートをくぐって中へ。

写真

入ると目の前に巨大な鋼鉄製の船!
護衛艦ひゅうがだ。

ど素人な感想、許してください。

なんでこんなモノが海に浮かぶんだ!!??

写真

そして9時ちょっと前に乗船。
いや乗艦というのか。

写真

そしてそのままエレベーターへ。
どこがエレベーターかって?

実は写真に写っているのがエレベーター。

ひゅうがはヘリコプター搭載の護衛艦で、このエレベーターは艦載機を甲板に運ぶためのもの。周りの人は割と乗り慣れているのか平然とした顔してたけど、私は初体験だったので、かなり興奮状態に。

(ちなみに自衛隊の艦船に体験乗艦するのはこれが二度目です。昔エジプトに住んでいた時、アレクサンドリアに寄港した練習艦と護衛艦に乗りました。その後自衛隊のお兄さん3人とビーチに遊びにいったり)

写真

甲板、広い!!!
ヘリコプターが離発着するんだから当然かもだけど、知らない人が見たらこの写真、普通に地面だと思うんじゃないかなあ。

写真

Jさんに撮ってもらった記念スナップ。

写真

横須賀には他にもいくつかの艦船が停泊していて、一般公開対象になっていた。

オレンジ色のは砕氷艦しらせ。
文部科学省の南極観測船だ。

老朽化した先代をついで、2009年の第51次から就航しているそう。
3月の大震災の後、東北被災地への物資輸送をということで急いで帰国したものの、諸事情で実際には見送られたなんて話もWikipediaに載っていた。

写真

実はもっと混みあうのかと思っていたんだけど、予想していたほどではなかった。子供連れも多いのかと思ったけど意外に見ず。もしかしたら、少し前にメディアでも流れていた「三浦半島断層群が危ない」というニュースが影響したのかもしれない。

写真

再び巨大エレベーターで下降。
動画も撮ったので後で公開しようと思う。

写真

降りたところでは、護衛艦ひゅうがの名が入ったキャップやTシャツが飛ぶように売れていた。私もつい、大判バスタオルなんぞを。なかなか格好いいよ。

写真

一角にヘリコプター。
中に乗り込めるようになっていた。

やっぱ自分、興味あるのはヘリコプターだ。
見てるだけでわくわくする乗り物。

初めて乗るヘリコプターの中は、かなり狭かった。
Jさんに外から写真も撮ってもらったんだけど、あまりに嬉しそうな顔してて恥ずかしいので非公開にしとく。

写真

再び外へ。
横須賀のゆるキャラ?ペリー?侍のほうは誰?

今調べたら、青い目の外人ゆるキャラは「ペリリン」。もちろんペリー総督から来ている。侍のほうは、「オグリン」。横須賀の発展に寄与した小栗上野介という人物なんだとか。

後姿だけのが「スカリン」。
横須賀市制100年を記念して制作されたキャラクターなんだとか。

君たち、熱中症になるなよ!!!

> 続く

好奇心を刺激するイベント参加レポートの記事一覧