当ブログは常時SSLしました/heteml新サービス環境への移設完了

20180507_01.jpg

ここのとこサイト運営者の間で話題の「常時SSL化」。正直、当ブログは「眺めるだけ」のサイトで、メルマガ登録やお問い合わせフォームがあるわけでもなし、物販もなし、ユーザが自身の個人情報を送信する機会もないので「SSLなんて不要だよね」と思うのだが、ブラウザ「Google Chrome」を使っていると、URL欄に「このサイトへの接続は保護されていません」と出てしまうのが気になっていた。

そんな折、自分が長らく利用しているレンタルサーバ「heteml」が昨年10月、無料常時SSLサービスを開始。


heteml

古いアカウントだった自分は、無料SSLを利用するためには新しいサーバへのコンテンツ移設が必要となるが、同時期に移設ツールも提供された。新サーバ環境では、無料SSLサービスに加え、無料モジュール版のPHP利用もでき、サイト表示速度やセキュリティ向上にもつながりそう。

そんなわけで、周囲が南国リゾートでキャッキャウハウハしているこのGWの半分以上を投下し、サーバ移設という重たい作業を敢行した。

いやまあ、サイト1個2個なら簡単なのよ。10個でも重たくはない。過去20年近くに渡ってちまちま作ってきた膨大な数のサイトを抱えている人にとってサーバ移設はマジ重労働。

相当数のサイトを今回非公開とし、まだ移設作業しきれていないものもある。また常時SSL化はメリット・デメリット両方あると思うので、一度に全部は行わず、まずはお試しで当ブログと備蓄.comだけ適用し、問題なさそうだったら、東京ビアガーデン情報館や東京温泉など他のミニサイトも切り替えてゆく予定。当ブログも楽天やAmazonの「http://」商品リンク画像が貼ってあるページがまだ残っているが、それはおいおい。

今後のために作業手順メモを貼り付けておく。


hetemlでのサーバ移設作業

・手順等を事前予習
・バックアップ用に新たに外付けHDDを購入(3TB)


外付ハードディスクドライブカテゴリベストセラー1位/I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB/9,895円

<事前作業>

・完全バックアップ(時間かかるので夜間進めておく)
 →FTPでまるごとダウンロード
 →phpMyAdminでデータベースをすべてエクスポート(一部旧DBで利用できず)
・全既存サイトの現状把握(Excel一覧)
 →サイト毎にMT・WP・HTMLサイトの分類
 →現状を書き込む(アクセス状況やコンテンツ劣化その他)
 →新サーバ移転するサイト・移転方法を決定
 →各サイトとDBの照合(WBで自動DB作成にしていたためDB名だけでは判明せず)

●選択している複数ファイルのファイル名を一括してテキストで得る方法 - Sakura scope

<作業開始>

・レンタルサーバ管理画面で「新サーバ移設」ボタンを押す
・データベースの確認→DBは変わらず/一部旧DBは移行必要
・FTPでHTMLサイト・画像フォルダのアップロード
・MTサイトの移転
 →MT格納ファイルもFTPアップロードしてDB接続設定確認
 →1サイトごとに再構築をかけてゆく
 →古いMT上のサイトはエクスポート→インポートで新MTに移行
・WPサイトの移転
 →FTPで実行ファイル・画像フォルダを丸ごとアップロード
 →ファイル数多いので未使用テーマ・プラグインは事前削除
・PHPバージョン関連チェック(古い.htaccessファイル削除)
・新サーバ上のコンテンツをチェック

<作業終了&チェック>

・レンタルサーバ管理画面で「新サーバ移設完了」ボタンを押す
 →新サーバ移設開始から30日以内に行う必要がある
 →一度移設完了をしてしまうと旧サーバにはアクセス不可
・WPサイトの管理画面ログインチェック
 →移設完了するまでログインできなかった(設定ファイル書換を省略したため)
・サイト移転状況の最終確認
 →Excel一覧と突合しながらチェック
 →アクセス数が極端に落ちているものがないかどうかチェック


常時SSL化作業(hetemlの無料サービス利用)

・レンサバ管理画面で「無料SSL利用」をONにして保存(ドメインごと)
・httpsで接続できることを確認
・MT管理画面「設定」でURLをhttpsに変更
・MTで記事エクスポートし記事内画像やサイト内リンクのURLを一括置換
 →古いアフィリエイトリンクで画像がhttpのものも一括置換可能
 →古いアフィリエイトリンク一掃する予定なので今回は行わず
・MTで既存記事を全削除し、一括置き換えしたデータをインポート
・MTのテンプレのリンク等でhttpが残っているものないか確認
・MTのテンプレ楽天アフィリエイトのタグ張替え
・サイト内巡回し「保護された通信」になっているかどうか確認
・htaccessファイル作成し301リダイレクト設定
・サーチコンソールで「https://」「https://www」2サイト追加
 →どちらを主にするかも設定
・アナリティクスで既存プロパティのURLを変更
・サーチコンソールとアナリティクスの再度紐づけ
・サーチコンソールで外部からのリンク確認し、修正
・Google検索結果などから辿り着けるかチェック


作業すべて完了したら・・・

温泉一泊旅行でひとり打ち上げ(モチベーション重要)。


heteml

ミニサイト作り職人への道の記事一覧