東京湾フェリー特別周遊クルーズで船上大宴会!

写真

東京湾フェリーと言えば、神奈川県の三浦半島・久里浜と千葉県の房総半島・金谷を結ぶ定期航路。東京湾のかなり南側、出口あたりを結ぶ釣り客にも人気の定期航路だが、一年に一回その船が・・・

「道を外れて走り出す」

日がある。
それが東京湾フェリー特別周遊クルーズだ。

●東京湾フェリー株式会社

以前、南房総プレスツアーでお世話になった関係者の方からご招待いただき、乗船してきた。リアルタイムにTwitterに写真をアップしていたので、それをまとめて貼り付けたい。



受付は久里浜港で、出航は10時10分。
三浦半島というと遠いイメージの方も多いと思うが、品川駅で京急本線に乗れば乗換なしの11駅で約1時間。割と近い。

東京湾フェリー特別周遊クルーズは大人6,000円で、船内で利用できる食券1,000円分がつく。



これは久里浜港フェリーターミナル。
中には房総半島や横須賀などのお土産を販売しているショップに、三崎マグロを使ったマグロ丼や横須賀海軍カレーが食べられるレストランもある。



そして東京湾フェリー。
私はバイクを購入した翌年の1月に、房総半島を斜めに横切り金谷港からフェリーに乗り、三浦半島ツーリングして知人が借りた船に乗ってクルージングし、再び延々とバイクを走らせ千葉・香取市の自宅まで帰ったことがある。



あと東海汽船のカラフルなジェット船もいてびっくり。
実は土・休日だけ、東京を8:30に出発した神津島航路の便が久里浜に立ち寄るのだ。

この淡い緑と赤のツートンカラーの子は、3年前に就航したばかりの「セブンアイランド大漁」で、最大速力は43ノット(約80キロ)だ。

●大漁ご案内(東海汽船)





続々乗り込む人達。
そして振り返ってコメントしてくれたのは、プレスマンユニオンの板倉氏。

●【代表理事】板倉 あつし | プレスマンユニオン


写真

写真

席などは自由。
普段設置されているテーブルだけでは足りないので臨時に持ち込んだのだろうか。東京湾フェリーの社員食堂にあったんじゃないか的な木製のテーブルまで。

開放的なデッキが人気かと思いきや、実は快適なソファ席の船内も大賑わい。きっとリピーターさんも多いのだろう。



乗船したら宴会のスタート。
クーラーボックスには大量のアルコールが。

ちなみに乾杯する板倉夫妻は、最近インスタグラムで大人気でテレビにもたびたび登場する柴犬・岳くんと猫の寅次郎の飼い主さんでもある。

●岳パラダイス
●Kazumi-Gakumamaさん(@shibainu.gaku) ? Instagram写真と動画



衣装も異なる何組ものチームが登場し船上フラダンス公演。
小さな子どもたちのチームもあって可愛かった!



乗船時間4時間と長いのはわかるが、本当にこんなに飲むんだろうか。


写真

写真

写真

写真

船内では食べ物もいろいろ販売されており、チケット代金に含まれる食券を使って購入できる。発泡ケースに入れられた干物を買っている人もいた。



航路を外れた東京湾フェリー。
周囲の他の船もびっくりしていたりするだろうなあ。なぜ東京湾フェリーがここに!?と。





なかなかのピッチ。



そして間もなく出航から2時間というあたりで、アクアライン・海ほたるが見えてきた。



ハイライトは羽田空港沖。
こんな大きな船がD滑走路のかなり近くまで寄せていてびっくり。
(レンタルボートで座礁しかけた経験あり)



東京湾フェリーの公式イラストを多数描いているアーティストの大塚氏。
船内ではポストカードも販売している。


写真

これから夏に向け、むしょうに船旅にでたくなる絵だ。


写真

素敵!!!



川崎沖の風景もなかなか。



そして最後は大抽選会。
相当な数の人が当たったと思う。房総半島のホテル宿泊券やデジカメなんて豪快なものも。


写真

残念ながら抽選には外れてしまったが、船内売店にチーバくんコーナーを発見し、キーホルダーを買ってしまいました。チーバくんかわいい。


写真

そして再びの久里浜港。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、最後はもう酔っ払って外の景色も見えていなかったので、下船しようとしたら雨が降っていてびっくり。

+++

ちなみに、この特別周遊クルーズは年一回だけのようだが、夏になると「東京湾納涼船サンセットクルーズ」が始まる。

昨年までの開催では、久里浜港18:15出航で、金谷までの往復約2時間クルーズだ。千葉側からの乗船も可能。土日にはフラダンスショーも行われていた。

●東京湾フェリー「東京湾納涼船」サンセットクルーズ | ニッポン旅マガジン

今年もおそらく開催されると思うので、興味ある方は東京湾フェリーの公式サイトやFacebookページ等で最新情報をチェックしておこう。

●東京湾フェリー公式サイト
●Facebookページ「東京湾フェリー」

好奇心を刺激するイベントの記事一覧