超小型「ScanSnap S1100」体験イベント

写真

今年10月に、押入れ大掃除をしてモノや書類を大量処分した。それを機に、とにかく「不要なものを捨てる」こと、すべてのものを管理しやすいよう整理したいという欲求がメラメラ起こってきた。

「捨てハイテンション」


とでもいう心理状況だろうか。

おかげで最近は、セミナー等でもらった資料も全部ファイリングということはせず、その日のうちにざっくり読み、後で必要になりそうな部分だけ、プリンタのスキャナ機能を使ってデジタル化している。

ただまだ「スキャン生活ビギナー」なので、実際、専用スキャナというのはどんなものなのか、どうスキャナ活用したらいいのかなど勉強しようと思い、AMNで募集していた「新製品 ScanSnap S1100 タッチ&トライイベント」に参加してきた。

写真

さて、これが新発売の「ScanSnap S1100」。

写真


ちっちゃ!


あまりの小ささに、最初、本体の一部なのかと思ってしまった。
サランラップよりちょっと小さいかも。
AMNの徳力さんは「複合機のトナーかと思った」とのコメント。

世界最小クラスは半端じゃない!!!

写真

そして冒頭のビデオがかなーり刺激的だった。

  • これなら毎日持ち歩ける
  • ちょっとしたものを気軽にスキャンできる
  • インターフェースすっきり♪
  • ごちゃごちゃした机の上でも邪魔にならない
  • そして同梱のソフトとの連携が秀逸!!!

大きさ・重さ、あと実際の使い方などは後日レビュー記事を書くので飛ばすとして、かなり感動&物欲そそられたファーストインプレッションをまずは数点メモしておく。


とにかくインターフェースすっきり!

最高に面白いプレゼンをしてくれた文具王・高畑正幸氏も大絶賛していたのが、インターフェースのすっきりさ。電源ケーブルは不要。PCとスキャナは、USBケーブル一本で接続。それで電源も供給される。

写真

デジカメ、携帯充電器、プリンタ、スピーカー・・・とデジモノだらけになった机回りにこれ以上電源ケーブルをつなぐ場所がないという人も多いだろう。携帯外出時に何本もケーブルを持ち歩くのも嫌だ。

でもこの「ScanSnap S1100」なら必要なのはUSBケーブル一本。

そして専用ケースもすごい。

写真

入れたまま使える。
入れたままUSBケーブル接続できる。

めちゃめちゃ物欲そそられる・・・!


同梱ソフト/クラウドとの連携

自分はまだスキャン超初心者なので、捨てようかどうしようかという書類を一枚、プリンタで読み取って、適当な場所に適当な名前つけてPDFで保存している程度。

WORDとかEXCELなどのファイルもいろいろ入ってる雑多なフォルダの中に散在してしまい、正直、必要になった時に一生懸命探せば見つかるだろうけど、なかなか見づらい状態になっているのも確かだ。

写真

なので、この画面見せられて大衝撃!!!
わお、こんな専用ソフトがあったのね!

・名刺→名刺管理ソフト
・年賀状→楽2ライブラリ
・レシート→やさしく家計簿
・書類→EVERNOTEなど

写真

たとえば契約書のバインダーを開くと、
スキャナしたデータはこんな風に閲覧できる。

写真

年賀状は、お年玉番号部分をOCRしていて、「お年玉番号当選チェック」クリックすると、一発で当選はがきを抽出できるというスゴ技も。


早くてびっくり

一枚ずつだし、小型すぎるし、
てっきりまったりスキャナするのかと思ったら予想をはるかに超える速さ!

A4用紙一枚で7秒。
しかもスキャナした後に右端の青いボタンを押すとすぐに専用ソフトが立ち上がり、かつすでに読み込まれている。

もちろん一枚ずつしかスキャナしてくれないとか、一度に両面スキャナはできないなど、超小型ゆえの制限はあるが、専用スキャナ初めて使った自分にとっては、早いし便利だし、さくさく気持ちよい。
なかなか快感なスキャナ体験だ。


出張はもちろん、長期の旅行にも持ち出したい

とにかく小さい。
なので出張先にパソコンと一緒にセットで持ち歩ける。

写真

出先でもらった資料だったり、もらったチラシだったり、持ち帰る荷物を減らして身軽になるためにもこれがあるとうれしい。文具王は、出張先の飛行機の中にあった機内誌の中の1ページをスキャンしている写真をプレゼンで見せてくれた。


確かにそのニーズある!


たとえば自分は、数週間から長い時で一ヶ月の旅行にでかける。
シルクロード旅行した際には、街ごとに手に入れた地図やちらし、電車の切符やホテルの人が書いてくれたメモなんかも全部持ち帰ってくる。あとで旅行記を書くために必要なものも結構多かったりするので。

そんなものも、これ一個もっていけば、全部スキャンできる。

「旅行にこれもっていくの?」

と思われるかもしれないが、実際、1週間も旅行すれば、たまってくる紙類のほうがこれよりもかさばるケースも多い。パソコンに読み込んでしまえば、ネット接続できるホテルでEVERNOTEなどにアップしておけば、バックアップもできる。

旅先にこれもっていくって、
自分にとっては全然ありだ。


さらにいろいろすご機能にびっくり

  • 斜めに入れても瞬時に認識して傾斜修正
  • カード・厚紙などもそのまま読み込める
  • A3用紙も専用フォルダできれいにスキャナ
  • 両面スキャンにも便利なプチ工夫
  • などなど

他にもかなりワクワクするような機能満載だ。

今回、イベント参加者向けにモニターとして製品提供されたので、実際に自分で使い倒しながら、レビューしていきたい。

写真

●カラー イメージ スキャナ ScanSnap (スキャンスナップ)公式サイト

好奇心を刺激するイベント参加レポートの記事一覧