懐中電灯にも卓上スタンドにもなるセンサーライト


廊下のセンサーライトを買った。親が早起きで朝暗いうちに歩くのであったら便利かなと思ったのと、地震対策だ。


ひとが近くを通ると感知して自動的に点灯するセンサーライトはすでに3つあるが、これは多機能。

本体こんな感じ。

モードは切の他に3つ。
普段は「センサー」にしておき、もし地震などで停電したら、手に持って懐中電灯モードにすればいい。

そしてテーブルや床の上において作業する時には「卓上ライト」モードに。

電池は単三が3本(奥に1本入ってる)。

卓上ライトモード。
六畳の部屋全体がぼんやり明るくなってどこに何あるかは問題なくわかるくらい。

そして懐中電灯モード。
特別強力な明かりではなく距離もそんなには伸びないけど、まあ普通。家の中で使うには全く問題ない。

そしてセンサーも反応なかなかいい。

早速一階廊下の階段下に床置きで設置したけど、センサー角度も広いようで、かなり手前で点灯してくれる。これならいちいち廊下の照明つけなくてもいいくらいだ。

ホルダーもついていて、それで壁に設置することも可能。

いざという時、暗闇の中で歩き回るのは危険だ。足を怪我してしまえば避難にも支障が出るし、大きな地震の後はいろいろなものが落下してくる危険性もある。

懐中電灯も、いざという時探せないこともあるだろう。センサーライトは今かなり安いので、買っておくとちょっと安心だと思う。

こつこつ地道に防災&備蓄の記事一覧