何でも切れる二枚刃の小型電動のこぎり「デュアルソーダブルカッター」で粗大ゴミを解体処分!(5)

写真

引越は来週。不要になるチェストやロフトベッドを解体するのにこの電動のこぎりを使おうと思っていたんだけど、ありがたいことにベッドは知人が車で引き取りにきてくれた。

写真

やはりデュアルソーダブルカッターの音はなかなか。チェストや椅子くらいならともかく、ロフトベッド一台分の鉄パイプを切断して細切れにするのは、壁薄すぎの公団団地ではちと難しかったと思う。本当に助かった。

木材やプラスチック製品なら室内カットもいけるかなと思い、まずは厚さ1cmの板で実験してみることにした。

写真

板を固定する道具がないので、
ウォーターサーバ水タンクを重石替わりに!

先に結論を書くと

↑ここが大間違いだった。

▼デュアルソーダブルカッター(3)木材の試し切り(2分20秒)

後で考えたら当たり前なんだけど、
板が固定しきれていないのが致命的。

手前から切ろうと電気のこぎりを押すと、板も一緒に動いてしまい前に進めず。両端からやってみたけど、すぱっと切り落とすことはできなかった。

ただ逆に考えると、板も一緒に動いてしまっているのに切り口鮮やかにまっすぐ切れているというのはすごいかも。

板など固定するCクランプはAmazonで最安値調べると数百円からある。


アイガーツール(EIGER TOOL) 精密クランプ M-1

↑これは送料無料で440円。
こーいうのが絶対必須だった(←素人なもので知りませんでした・・・)

テーブルに切りたいものをしっかり固定すれば、自分のような非力な女性でも、さほど力かけずまっすぐ切ることができそうだ。スイッチオンにしてる間も、跳ね返りとかはなかった。

写真

生まれて初めて電気のこぎりで板を切った跡。

切り口はまっすぐ平ら。
へっぴり腰で板自体も動いちゃった割にはきれいだと思う。

ということで、中途半端ではあるが、続きはCクランプを調達してからにする。


デュアルソー ダブルカッター 販売価格:24,800円(税込)



デュアルソー


ショップジャパンのモニター企画に参加して商品利用体験しています


> 続く

デュアルソーダブルカッター利用体験の記事一覧