何でも切れる二枚刃の小型電動のこぎり「デュアルソーダブルカッター」で粗大ゴミを解体処分!(2)

写真

逆回転する二枚刃で、金属でも木材でもブレード交換なしに何でも切れてしまうという小型電動のこぎり「デュアルソーダブルカッター」。


デュアルソー

引越しの際、不要家具など解体するのに便利かなと思い、ショップジャパンのモニター企画でこれを希望したらさっそくモノが届いた。

最近テレビでもこの映像がガンガン流れている。
なのでこの話をしたら、「本当に切れるかどうか気になっていた」と、デュアルソー ダブルカッターの評価に興味ある知人も何人かいた。

▼デュアルソー ダブルカッター(4分3秒)

YouTube動画の再生できない環境の人のために、どんな映像なのか簡単に解説していくと・・・

「開発期間はなんと8年」
「救助活動の経験からヒントを得て開発された革命的な電動のこぎり」
「ついに待望の日本上陸」


同時に逆回転する2枚の刃

写真

特徴は二枚の刃が同時に逆回転すること。

2枚の刃を同時に逆回転させる画期的な「カウンターローテーションテクノロジー」を採用。素材の真ん中から切れ込みを入れたり、前後に軽々と動かせるので、あなたの思い通りに切ることができます。さらに、刃が絡むことも振動も少なく、あの怖い跳ね返りもありません!

自分は電動のこぎり自体使ったことないのでわからないんだけど、日曜大工大好きな知人によると「かなり画期的」とのこと。

写真

「前にも後ろにも動かすことが可能」
「真ん中からもこんなにスムーズに切れる」
「刃が絡むことも振動も少なく」

写真

「あの怖い跳ね返りも起きにくい」

不慣れな人だと跳ね返りはとっても危険なので、その点では少し安心。・・・まだ使ってないので実際どんなものかはこれから確認するんだけどね。


材質関係なく同じブレードで切れる

写真

もうひとつの特徴は、同じブレードで何でも切れちゃうという点。通常であれば、電動でも手動でも、金属用・材木用・プラスチック用などそれぞれ材質に対応した専用の刃が必要になり、毎回交換しなくてはいけない。

写真

「炭化タングステン製」って何?状態なんだけど、刃はこの1組しか入っていない(替刃や、大理石・コンクリなど切るためのダイヤモンドブレードはオプション販売されている)

金属でも木材でも、柔らかいプラスチックでも、ブレード交換せずこの二枚刃だけでいいそう。

ほんとか?

写真

おお、クルマも!
いや別にそんなニーズは全然ないんだけど。

とりあえず金属パイプ製のベッド解体できれば。

写真

映像の中には、さりげなく金庫上部をカットしているシーンも。いやそんなニーズもないけどね。


初心者でも簡単に使える?コンパクトに収納

写真

可動式の安全ガードで、必要な時だけしか刃が出ないので安心。その上、コンパクトで軽く、使い方もスイッチを入れるだけだから女性でも機械が苦手な方でもカンタンに使いこなせます。

個人的に一番気になるのはここ。
腕力がない自分のような女性でも本当に楽々切れる。

・・・ということなんだけど、これ本当?

写真

こんな風に日曜大工とかできちゃうものなのか?

写真

「コンパクトで置き場にも困りません」

写真

これは本当。
既に現物がうちにあるんだけど、専用ケースは予想していたよりずっとコンパクト。そして見た目より軽い。

写真

重量は約3キロ。
持ち運びも楽らくだ。

ということで、さっそく中を見てみたい。


デュアルソー


ショップジャパンのモニター企画に参加して商品利用体験しています


> 続く

デュアルソーダブルカッター利用体験の記事一覧