アフィリエイト総合情報館

写真既に、藍玉ブログをはじめとする各地で紹介されているので、ご存知の方も多いだろう。

伝説のサイト運営者KASAIさんが、強力なサイトを立ち上げた。

それがこのサイトだ。
この記事を読み進める前に、まずは↓をクリックし、別ウィンドウで開いておいてほしい。

アフィリエイト総合情報館

昨年出版した「アフィリエイト徹底活用術」の200ページ目に「お役立ち情報サイトリンク集」というものがある。古いアフィリエイトサイト運営者の中には気付いた方もいるかもしれないが、実はこの中で紹介されている15サイトのうち、ひとつだけ閉鎖されているサイトがあったのだ。

ねっ得!インフォ

掲載確認依頼メールではこう書いた。

復活の日を期待して掲載したい。

「ねっ得!インフォ」は、それほど濃い〜情報サイトだったのだ。最初、あのサイトを見た時、自分はASPで仕事をしていた。徹底検証・比較コンテンツがすごく、ASPとして、他社サービスとの強み・弱みが的確にわかる資料となっていた。社内MLで「必見」と書いてURLを流したものだ。個人的には「もうアフィリエイトINDEXの更新はやめ、いつか企業向けに特化したアフィリエイト情報サイトを立ち上げよう」と思った。自分は、勝ち目のないコンテンツをしぶとく残す性格ではなかった。

新サイトにも「A.S.P.徹底検証サイト一覧」がある。アフィリエイトサイトだけでなく、ASPが自社サービスの外部評価を知る上で、見ておくべき内容だろう。

写真「ねっ得!インフォ」には、ポイントサイトの徹底比較もあった。自分はそっち関連の仕事もしていたので、そこでもトップやスタッフの方にメールで訪問を促した。マーケ担当の方など、「これはすごい。一体どんな人が運営してるんですか?」と感嘆の声をあげていた。管理人の「マニアックと言っても差し支えないような凝り性」の性格が現れていた。

たしかに一体、どんな人なんだろ?

2002年前後だと思うがメールをしたことがある。
飲みに行きませんか?

こんな返事が来た。
遠くにいるので・・・。

そりゃ遠いわ。
なんと、当時のKASAIさんはアメリカにいた。海外から日本のアフィリエイトやポイント関連サイトの情報をインターネットで集め、徹底検証サイトを運営し、そのコンテンツがサービス提供企業からも注目されていた・・・ネットの凄さだ。

実際に顔を見たのは、「ヤフー・インターネット・ガイド2002年9月号」だ。

写真

何故か、顔前で日本刀(もどき)を抜刀している写真だった。ちなみに余談だが、この雑誌には、藍玉さん、エイジさん、原さんの写真も載っている(あと某ASPの女性も)。この時点では、まだ誰も実際に会ったこともなく、見本誌を見ながらそれぞれ思ったことだろう。

「へ〜、これが藍玉さんか」
「ねっとくさんって、こんな人なんだ!」
「あ、わださんだ・・・」

その後、帰国し念願の初対面を果たしたのは、記念すべき第一回アフィリエイト・カンファレンスで、「ASP比較研究」の発表を担当してもらった時だ。頭脳明晰、沈着冷静、でも多分さらに爪を隠していそうなので「なめると危険」な青年という印象だ。

そして、アフィリエイトに仕事として関わることになったので、「ねっ得!インフォ」は閉鎖すると連絡があった。

まじっ!?あれほどのコンテンツを潰すのか??
一体、彼は日本で何を始めるんだ?

数ヵ月後、ASP担当者とECサイト担当者という関係になっていたことを知り、さらに驚いた。

「えっと、KASAIさん・・・なんで・・・その会社にいるの・・・?」
「わださん、知ってるんだと思ってましたよ」
「いや、全然。予想だにしてなかった・・・。また、すごい人を採用したなあ・・・●▲■▲・・・」

そう、KASAIさんは、アフィリエイトで有名なある会社にいた。
その後の話は長くなるので端折る。

カンファレンスなどに来て、他の人が「あの方って、●▲■▲でアフィリエイト担当されてる方なんですね!」と驚くと、自分は決まってこう説明したものだ。「いや、多分あれは"仮の姿"で、実態は違うんだよ。昔、すごいアフィリエイト情報サイトを運営していた伝説の人でね・・・多分、今はアフィリエイトをECサイト側から理解するために、

潜入工作

してるだけだと思う」(注:勝手に自分がそう言っていただけで、本人はいち新入社員として、真面目に働いていたそうです)

そして、一年以上の潜伏工作(嘘)・充電期間を経て、昨年、遂に独立した。

川崎大師でひいたおみくじは、自分同様「」だったらしいけど、1月15日に満を持して、

アフィリエイト総合情報館

を立ち上げた。

光栄なことに、一発目のインタビュー企画として、自分を選んでくれた。さらに、オープニング記念キャンペーンの賞品として、自分のサイン本5冊を入れてくれた(他にも大量にプレゼントが当たる)。

正直、私もまだ、このサイトのコンテンツを全部読みきってはいない。
ECプランナー虎の巻なんかもあり、じっくり読まなくては、と思う。
アフィリエイトに企業として、個人として関わっている方、
このサイトをブックマークし、無料メールマガジンに登録して損はない。

今後、恐らくこのサイトのコンテンツをパクっていく情報サイトも大量に登場するだろうが、彼は多分、潜入工作中(嘘です)に築き上げたECサイト担当者やASP担当者との人的ネットワークも活用し、インタビュー企画を始めとする、価値ある一次情報を発信してゆくことだろう。

同じくアフィリエイトに携わるものとして、
強く期待したい!


追記:
しかしKASAIさん、ひとつ聞きたいことがある。
コッコちゃん写真の自分が他人のことを心配する必要はないかもしれないけど、


なぜ「マイクマン」なんだ!?


頭脳明晰・沈着冷静、伝説のサイト運営者・・・とか書きながら改めて不思議なんだが、


なぜ「マイクマン」なんだ!?


コンサルタントとして活躍を始めているんだよね。そんな君が、


なぜ「マイクマン」なんだ!?


えっと・・・mametaさんも書いているけど、ブランディング的にどうよ(笑)。

サイト運営マネタイズの記事一覧