建物ごと生まれ変わった「パレスホテル東京」内覧会(前編)デラックスルーム

写真

東京駅からすぐ、皇居お堀に面した「パレスホテル東京」が3年間の休業を経て、今年5月17日にグランドオープンした。その間何をしていたのか?というと、“建替えリニューアル”だ。

●パレスホテル東京 公式サイト

施設の老朽化に伴い2009年1月31日で一時休館となった。解体後、地上23階・地下1階建ての最高級ホテルとして建て替えし、2012年5月17日にパレスホテル東京としてグランドオープンした。(Wikipedia「パレスホテル東京」より引用抜粋

写真

今回、一休.comで募集された内覧会に当選し、デラックスルーム2タイプとスイートルーム4タイプ、そして一般公開は一切していないという「パレススイート」を見学してきた(国賓などが宿泊する「パレススイート」は写真撮影不可)

写真

まずはデラックスルーム。
これが通常のお部屋なんだけど、なんと45平米もある。

確かこれは、内堀通り側のお部屋だったと思う。
窓際が三角形になっているので。

写真

部屋とバスルームの間はガラス張り!

写真

お部屋が丸見え。
・・・というか、お風呂が丸見え?

なかなか開放感もあっていいんだけど、
「ちょっと恥ずかしいかも」という場合はブラインドを。

写真

通常は天井のところまであげられているんだけど・・

写真

壁についたスイッチを押すことで自動降下!

写真

洗面所のミラーには何と液晶テレビが埋め込まれていて、入浴しながら見ることができる。

写真

アメニティいろいろ。
これはホテル内のスパでも購入できるそう。
内覧会に参加していた女性がさっそく買って帰っていた。

写真

液晶テレビは46インチ以上のアクオス。

写真

引き出し開けるとケーブル類が立派過ぎるケースに入っていた。
こうやって格納されていると、たかがケーブルすら格調高く見えてくるから不思議だ。

写真

ベッドはシモンズ。

写真

噴水公園側の部屋はテラスにでることができる。
(フロアの間取り写真はこのブログ記事見ると図が載っている)

あいにくの雨天(しかも土砂降りだった・・・)なんだけど、せっかくだからベランダに出てみよう。

写真

うっわ!!!

写真

この夜景はすごい!!!
雨でかなり霞んでしまっているのだが、それでもこの迫力。

目の前に見えるのは和田倉噴水公園と皇居外苑。
右側がそこを横切る内堀通りで、左側がお堀脇を走る日比谷通り。

それより左側は東京駅前に広がる丸の内高層ビル街だ。


大きな地図で見る

写真

ここはそれほど広いベランダではないが、木製の椅子とテーブルが置かれている。ここに座ってのんびりビールでも飲んで過ごしたいなあ。

そして内覧ツアー一行はスイートルームへと向かった。

> 続く

の記事一覧