iPhone用の魚眼レンズ&接写レンズ

写真

友人の和田由貴さんから香港土産にもらったiPhone用の魚眼レンズ&接写レンズが、かなりのマイヒット!!!これはかなり便利かも!

写真

開梱してみると、レンズだけでなく結構いろいろなパーツが入っている。

写真

ケースは非常にシンプルで、装着しっぱなしでも違和感なく邪魔にもならない。

このレンズのところの「C」型の金具が金属になっていて・・・

写真

接合部分がマグネットになっているレンズを近づけるとぴたっとくっつく。小さいけど磁力は結構強力なので、手でぎゅっとひっぱらないとはずれない。自然に落ちてしまうということはない。

「でもケースはお気に入りのがあるから・・・」

という人もいるだろう。

そんな人のためには別の接合アイテムが用意されている。

写真

何かというと、iPhone本体やケースに貼りつけるドーナツ状の薄い金属板。フレッシュを塞いでしまわないよう、ちゃんとそこだけくぼませてある。

裏面のテープで張り付ければ、専用ケースなしで直接レンズを装着可能。予備も5個あるので、ケースを買い替えたりしても大丈夫だ。

写真

もうひとつ結構感動したのがこれ。
丸い金属板にストラップがついている。

写真

こうしてレンズ側の強力マグネットで装着すれば、ストラップ装着できるケースなど使っている場合そこにつけて持ち歩ける。

ただ自分はこれで持ち歩くことはしないかな。
磁力強いので簡単には落ちないと思うけど、レンズキャップはぶつかっただけで落ちちゃうこともあるしね。

レンズの接合部分側を保護するカバーにもなっているので、そういう意味では、そのカバーを失くしてしまわないよう、これをポーチなどにとりつけておくのはありかもしれない。

で、これつけるとどうなるか。

まず魚眼レンズ。

写真

↑何もレンズをつけない状態だと、このくらいの範囲しか撮れない場所からでも・・・

写真

↑こんな感じに!

建物内部などで部屋全体が撮りたい時や、カラオケボックス・居酒屋の個室などで全員の記念写真を撮りたい時にもよさそげ。

写真

↑このくらい小さなものを撮りたい時、iPhoneのカメラで寄れるのはこのくらいだけど(と言いつつよく見たらテーブルにピントあってるな・・・)

写真

↑接写レンズを装着するとこのくらい近づける。食べ物やネイルなど撮る時にも便利!

どちらのレンズも小さいので、さりげなく持ち歩きさりげなく装着可能。
最近、レストランなどではデジカメでなくiPhoneで撮る時が多いので、これを忍ばせていけば、今まで以上にいろいろな写真を撮れそうだ。

和田由貴さん、ありがとう!

使ってみました!アイテム&サービスの記事一覧