不用品を「ネスレゆずりば」で誰かにもらってもらう!

写真

一年前に押入れの大掃除を行い、大量のものを処分(詳細はこちら)。
同時に、捨てるのはもったいない未使用品で不要なものも段ボール2箱分でてきた。

ヤフオクに出品しようと思いつつ、いろいろ面倒でもあり、何度かSNS等で「誰か欲しい人いたらあげます」とやって数は減ったものの、まだ残ってしまっている。

「捨てるのもったいないけど、売るほどじゃないし・・・」

そんなモノがいっぱいある人に嬉しいサイトをネスレが立ち上げた。

●ネスレゆずりば

オークションサイトの“無償版”だ。

先日、ブロガー座談会に参加する機会があり初めて知ったのだが、ネスレがCRMの一環として「社会に貢献できる場を」と今秋に立ち上げたばかりのもの。

写真

企画・立ち上げを担ったネスレの方からお話を伺った。
今年3月の大震災なども大きく影響し、こうした互恵的な活動・場というものに対する意識も変わったのは確か。

コンセプトもしっかりしていて、大企業がこういう形で、自社商品のプロモーションとは直接結びつかないけれど社会にとって意義のあるコミュニティ作りに乗り出すのは素晴らしいことだなと思う。

多くの人に認知され、不用品がゴミとして捨てられたり押入れで死蔵されるのではなく、役立ててくれる人の手元へとスムーズに渡っていき、もらった人の感謝に対しあげた人が満足する、そんな関係が日本中で発生したら素敵なことだなとも。

写真

しかしながら、利用は初回ちょっと戸惑うかもしれない。

というのも、「Facebook」と連携しているからだ。ネスレ会員でもFacebook会員でもない人は、まずその両方にアカウント作成する必要がある(一度登録すれば、後は毎回ログインする必要もないので楽ちん)。

その上で、「おゆずり品」の登録を行う。
カテゴリを選び、写真挿入は3点まで。
商品の状態や、希望する引き渡し方法なども記載できる。

写真

自分も不用品で誰かに使ってほしいなというものがいくつかあるので登録してみた。その「マイページ」がこれ。

●GATEWAYノートパソコンバッグ
●ふくろうの民芸品
●携帯電話ポーチ

さっそく「欲しい」という立候補があり、丁寧なメッセージもいただいた。「ああ、こんな風に言ってくれるならこの人にあげちゃいたい」と思えるような感じのものを。

一応、すべて引き渡し期限を12月31日までにしたので、気になる方がいたらぜひネスレゆずりばに登録して、立候補してみてください。

大みそかまでに「大掃除がんばる!」という人もいるはず。
大掃除とは「整理整頓すること」ではなく「思い切って処分すること」。

「でも捨てるにはもったいない」

というものは、こういう形で誰かに役立ててもらったらいいんじゃないかな。

思い出は心の中に。
そして家の中はすっきりきれいに♪

●ネスレゆずりば

インターネットで便利&お得&賢くの記事一覧