知床羅臼体験&知床岬クリーン作戦(2)遊覧船でシャチの大群を間近に見る!

いやもうほんと、シャチすごいわ。
迫力だわ。
ツヤっとしていて美しいわ!

羅臼到着2日目の朝、食事をしているとアナウンスが流れた。本日、観光船が運航とのこと。毎日確実にでるわけではなく、海況によっては中止になることもあるようだ。

ホエール・ウォッチングのための観光船「アルランIII世」は、羅臼の宿まるみの所有船。ツアーは毎朝9時に出航し、約2時間かけて根室海峡をまわってくじらやシャチ出没スポットを巡る。

●羅臼の宿まるみ「知床羅臼観光案内」

形から入るタイプなので、ネイチャーウォッチする人ルック(あくまで私の想像)で。本当は日本野鳥の会の折りたたみ長靴も持参予定だったが、主催者に長靴はレンタルでいいと言われ置いてきた。

メッシュベストは防災用品として以前購入したもので、ポケットだらけ。本来は釣りなどに着る用だが、今回はカメラや一脚など撮影アイテムをいろいろ持参したので、船の上や知床岬でもシャッターチャンスにさっと取り出せるよう、これを着用した。

漁港を出て・・・

目指すは国後島!!(嘘)

しばらく走ると、イルカの群れなどに遭遇。
そして船長が船前方を指差し、船上が一気にざわめく。

シャチだーーー!!!

シャチーーー!

iPhone撮影なので、海上に身体を晒した瞬間は撮れなかったが、そのボディはツヤツヤに光り、下半身の(魚に下半身という区分があるかどうかは不明)白い部分も輝くばかりに美しい。

そして見事な曲線美。
シャチきれい!!!

シャチだらけーーー!!!

右にも左にもシャチーー!

海の王、シャチ!!!
食物連鎖の頂点に君臨するシャチ!!!

実はぱっと見イルカに見えちゃうけど、イルカ食べちゃうシャチ!

どれだけの時間、シャチに囲まれていたことか。
シャチも高速で泳いではおらず、むしろ船のまわりでのんびりくつろいでいたようだ。船への警戒心もないようでかなり近くまで寄ってくる。

シャチ尽くし。
これまで、ドルフィンウォッチやホエールウォッチの船に乗ったことあるが、空振りもあれば、見えて一瞬遠目のことも。

こんな大当たりは初めてだ。
しかも動画を船の上からFacebookにアップできるほど携帯電波状況も良好な羅臼市街地から近い海域で。

根室海峡恐るべし。

そして今は、羅臼の港に帰港する途中。
船室は広くて風もなく快適だ。

いやー、興奮しすぎて一気に疲れた。
動画もたくさん撮ったので、後で編集が終わったら追加します。

<追記>

●(株)まるみ 観光船アルラン3世(羅臼町/体験型観光) | 根室振興局産業振興部商工労働観光課

アルランIII世、椅子席と靴脱いで入るカーペットルームの2室があり、観光船にしてはやけに船室大きいなあと思っていたら、もともと旅客船として運航していた船だったとのこと。納得。

ホエールウォッチングは、公式サイトによると一般大人8,600円、子供4,300円。
宿泊者には割引がある。

●知床羅臼観光案内

[旅]知床羅臼2016年5月

旅の記録&記憶の記事一覧