ぺちゃんこになる水筒「Vapur(ヴェイパー)アンチボトル」

写真

先日ニッセンのイベントでもらったこのアイテム。
ジョギングのお供にかなり便利♪

写真

容量は500ml。
リユースできて、凍らせることも可能。

ん?「BRA FREE」ってなんだ?
わからん・・・

写真

それはさておき、何が便利かってここ。

普段私が飲み物を持参するのは、ジョギングや、スポーツジム・エジプト舞踊のレッスンに行く時だ。コンビニで買うこともあるし、空いているペットボトルに水とか紅茶を詰めていくことも。

帰りは空のペットボトルを持ち帰ってくる必要があるんだけど、ちょっと邪魔。

これだったら、空になったらぺちゃんこになるし、
図にあるように丸めてカラビナで固定してもいい。

また500mlも必要ない場合や、スポーツジムみたいに向こうで飲料水を補充できる場合も、必要な分だけ入れていけばかさばらずにすむ。

写真

フリーザブル。
これから暑くなってきたら、ちょっと凍らした状態で持っていけば、飲む頃にはちょうどいいかもしれない。ペットボトルみたいに破裂心配する必要もなく安心だ。耐冷温度はマイナス15度とのこと。

一番下の「IDENTIFIABLE」は、
油性ペンで名前記入する欄があるということ。

写真

でもやっぱり何よりいいなと思ったのは、ブルーが本当にきれいなこと。カラビナの色も。

写真

丸めてみたり。

写真

液体を入れるときには、キャップ部分を全部はずしてしまう。かなり大きめだ。

飲むときには上のキャップだけをはずし、飲み口を持ち上げる。そうすると口にくわえて吸い込むことができるようになっている。ボディを押す圧力で自然に噴出させることもできるので、さほどチューチューする必要もない。

ただ個人的には、ここの構造ちょっと洗いにくいかなという懸念も。もっとシンプルな構造の、普通のペットボトルのようにかぱっと開く飲み口だけでもよかったかなあと。走りながら飲むこともないので。

写真

底にはマチもあり、水が入っている状態はもちろん、入ってなくても空気入れて膨らませておけば立てておける。そしてバッグなどにカラビナで取り付け可能。裏には名前記入欄も。

今週末にはマラソン大会で気仙沼に。
その時も、これ持っていこうかな。

iconicon
MoMA ヴェイパー アンチボトル(1,260円)icon

使ってみました!アイテム&サービスの記事一覧