バックパックから一瞬でショルダーバッグに変身する「Backenger(バッケンジャー)200」

写真

知人に教えてもらいYouTube動画を見た後、速攻で買ってしまったバッグがこれ。なぜに衝動買いしたかは、写真で説明するより動画を見てもらったら一目瞭然。

▼The Newfeel Backenger(1分14秒)

・ショルダーバッグ
・バックパック

のツーウェイで利用できるビジネスバッグはたくさんあるが、
こんな簡単にスイッチできるものを私は初めて見た。


Newfeel(ニューフィール) トラベルバッグ「Backenger(バッケンジャー)200」LIGHT TWEED(6,980円)


Newfeel(ニューフィール) トラベルバッグ「Backenger(バッケンジャー)200」BLACK(6,980円)


Newfeel(ニューフィール) トラベルバッグ「Backenger(バッケンジャー)200」BLUE(6,980円)

色は他にもあり、3,980円の「Backenger(バッケンジャー)100」シリーズもある。

ショルダーバッグからバックパックに、バックパックからショルダーバッグにさっと切り替えられるので、例えばこんなシーンで便利だ。

・電車に乗る際、背中からさっとバッグを下してショルダーに
・背負ったバッグから財布を取り出すために下す
・ビジネスアポで客先についたのでショルダーに

写真

私は主に仕事時に使おうと思い、色は「LIGHT TWEED」にした。
質感も気に入った。

写真

カバー部分は、前面だけでなく片側にもまわりこむ形。ポケット大小がついている。マチはないので薄いもの中心だが、スマホや手帳、筆記用具など入れるのに便利。ペンホルダーもついている。

写真

マジックテープは2か所。
かなり強力なので、開けるときバリバリと音が響いてしまうのが個人的にちょっと残念。ここは後で少しいじっちゃうかも。

写真

そしてメイン収納。
販売サイトには19Lと書いてあった。

マチ幅は10㎝ちょっとで使いやすいサイズだ。

サイズ:31×42×13㎝
重量:900g
容量:19L

写真

中にインナーポケット。
手前側にファスナー付のポケットもついている。

写真

メイン収納部の手前にも大きなファスナー付収納。
こちらはマチないので、厚みあるものは入れにくい。

写真

そしてメイン収納部の後ろ側、背負った時に背中との間になる部分にノートパソコン収納スペースがある。

背中側は割と厚手のクッションになっているため、インナーケースなしでノートパソコンを入れることができる。ただ底になる部分の生地はさほど厚みないので、別途何か、クッションになりそうな細長いものを敷いておいたほうが地面にストンと落とした時の保護材になると思う。

写真 写真

これは向かって左の側面。
茶色いベルト状のものをめくりあげると・・・

写真

ペットボトルフォルダーが登場する。
茶色いベルトはその上からかぶせてマジックテープで留めれば、90℃角度変えて背負った際の落下防止にもなるし、折り畳み傘などもここに入れることができる。結構重宝しそうだ。

写真

そして最大のポイントはここ。
ショルダーベルトは両脇のトンネルをくぐって、背面の下部を横切っている。

写真

そのベルトを引っ張ると、脇でつながっているショルダーベルトが引っ張り込まれて短くなり・・・

写真

背中に背負えるバックパックに変身する。

写真 写真

構造上仕方ないんだけど、片側(ショルダーバッグ時に上にきていたほう)のベルトの根元はこんな感じでねじれている。そしてベルトの肩や脇にあたる部分も特にクッションはついていないので、あまりに重たいものを入れれば食い込みを感じる。

この辺りは、ちゃんとしたバックパックと比べれば背負い心地は落ちる部分だが、簡単にスイッチできるメリット考えれば許容できるかな。

写真

手持ち用の取っ手も。

写真

その取っ手にボタンがついていて、ショルダーベルトのパッド部分と接続して短くすることも。

写真

ショルダーベルトの調整パーツはこんな感じ。
短くしても余った部分をパッド部分の隙間に押し込んですっきりさせられるのはうれしい。

写真

ショルダーバッグ利用時はこんな感じ。

写真

バックパックとして使う時はこんな感じ(上下どっちでもOK)。

使ってみての感想をまとめるとこんな感じ。

◆満足な点

・質感&デザイン気に入った
・中の容量はさほど多くないが自分的には適当
・出し入れもしやすい
・背中にあたる部分のパッド、軽量な割にしっかりしてる
・切り替えは本当に楽ちん(宣伝動画ほどはスムーズじゃないけど)
・ポケットもあちこちにあり便利
・PC入れる場所もありインナーケース不要

◆ちと不満な点

・カバーになる部分がマジックテープ2か所で止める方式
 →強力なマジックで、開け閉めのたびにバリバリ大きな音
・バックパックににした際、ベルトの片方の根元ねじれた状態になる
・バックパック時、ベルトにクッション性ないので重たい荷物だと肩や脇に食い込む
・切替繰り返しているとショルダー時の肩当てパッドの位置がずれることがある

質感とデザインが期待以上だったので全体的にとっても満足。
最近は、駅まで自転車やバイクで移動し、高速バスや電車に乗って東京に日帰り出張(&飲み会)に行くことが毎週のようにあるので、さっそく使いたいなと思う。

▼The Newfeel Backenger(1分14秒)


Newfeel(ニューフィール) トラベルバッグ「Backenger(バッケンジャー)」LIGHT TWEED 


Newfeel(ニューフィール) トラベルバッグ「Backenger(バッケンジャー)」BLACK


Newfeel(ニューフィール) トラベルバッグ「Backenger(バッケンジャー)」BLUE

使ってみました!アイテム&サービスの記事一覧