桜の次はチューリップ!千葉県で開催中のチューリップ祭り一覧

写真

東北・北海道エリアを除き桜は既に終盤だが、実は今が最盛期!ど真ん中なのがチューリップ。各地でチューリップ祭りが開催されているので、今週末はドライブがてら元気に咲くチューリップ畑に足を運ぶのはどうだろう。

<佐倉市>佐倉チューリップフェスタ

日程:2014年4月1日~4月29日 9:00~16:00

佐倉ふるさと広場にあるオランダ風車を背景に色とりどりのチューリップが彩り豊かに咲き揃います。今年は市制施行60周年にちなみ、昨年より10万本多い、52種類約60万本のチューリップを楽しめます。 4月2日現在の咲き状況は2割ほどで、毎年4月中旬に見ごろを迎えます。自然豊かな印旛沼湖畔で、春の訪れを感じてください。

●佐倉市公式サイト「佐倉チューリップフェスタ」


<柏市>あけぼの山農業公園2014チューリップフェスティバル

日程:2014年4月12日(土)~4月13日(日) 9:30~15:30

◎プラザ広場─模擬店による農産物及び柏の特産品の販売/ふるさと交流都市による特産品の即売 ◎ふるさと広場─ステージイベント/フワフワドーム/市立柏高校吹奏楽部の演奏(12日(土)のみ)

●あけぼの山農業公園「2014チューリップフェスティバル」


<匝瑳市>そうさチューリップ祭り

日程:2014年4月6日~4月20日

6日から20日まで、のさか花の広場で「そうさチューリップ祭り」を開催中です。13日(日曜日)はイベント日で、10時からステージショーやもち投げなどの楽しい企画を行います。家族そろって、ぜひご来場ください。

●匝瑳市公式サイト「そうさチューリップ祭り 」
●匝瑳市公式サイト「平成26年 花の広場チューリップ開花情報」


<白子町>第21回白子チューリップ祭り

日程:2014年4月7日~4月15日

お祭り期間はどなたでもこの花の広場でチューリップを楽しむことができます。このチューリップは大勢のオーナーが秋に植えたもので16種類77,000本のチューリップが花の広場一面に広がります。ぜひ、お越しください!

●白子町タウンガイド「第21回白子チューリップ祭り」


+++


写真

ちなみに昨日、外房・白子町の「白子チューリップ祭り」に行ってきた。
電車で行く場合は、千葉駅から外房線で一本の茂原駅に行き、そこから路線バスに乗る。バスは本数が限られているので時間を確認してから行くといいだろう。

参考までに平日の午前中に千葉から行く場合の乗り継ぎはこんな感じ。

千葉駅8:33発─(JR外房線)→茂原駅9:13着
茂原駅東口9:25発─(小湊バス)→白子中央公民館前9:45着

◎白子中央公民館前から徒歩3分の町役場東側が会場

白子中央公民館前11:18発─(小湊バス)→白子車庫11:23着
白子車庫11:40発─(小湊バス)→茂原駅東口12:08着
茂原駅12:24発─(JR外房線)→千葉駅13:03着

写真

期間は短めで13日まで。13日(日)にはイベントもあるという。
花見る限り、来週もまだ満開のままな気がするんだけど、その後はどうするんだろう? 収穫(?)してしまうのかなあ。

写真

葉桜だけど、桜もまだぎりぎり楽しめる。
あと写真撮り忘れたが、近くに菜の花畑も。

写真

平日午前中に行ったので、来ていたのは幼稚園生と・・・

写真

老人ホームグループたくさん。

写真

7万本のチューリップはなかなか見事。
オーナー制になっているそう。

写真

黄色と赤が混じったこの花は、グラデーションがとてもきれい。

写真

八重咲チューリップはダリアのよう。

写真

一列だけまだつぼみのチューリップ。
きっと他の花がすべて切り落とされた後に咲き始めるのだろう。

写真

どの列がどの品種なのかの解説ボードも。

写真

チューリップ畑の向こうには水田が広がる。
サラウンドで響くカエルの鳴き声がずっと聞こえていて気持ちいい。

写真

奥のほうは、チューリップの花で絵柄や模様を作るという企画が行われていた。
たとえばこれは、千葉県のメタボなゆるキャラ・チーバくん。

写真

そのお隣はヘリコプター。
正直、地上から斜めに見ても、まったくチーバくんもヘリコプターも絵柄認識できない。

ただチューリップは、こうしていろんな色が入り乱れているほうが賑やかで楽しいのかも。

写真

角度を変え、チーバくんの後頭部(銚子のあたり)から眺めてみた。
なんとなく首があるのはわかった。

奥に桟敷台が作られていて、そこから眺めると絵柄がわかるらしい。

写真

で、上がってみたんだけど、やっぱり微妙なチーバくん。
ちょっと遠い場所だったせいもある。

写真

ヘリコプターもちょっと・・・

写真

この台に上ると、チューリップ畑全体が見渡せる。
左奥の茶色い建物が白子町の町役場だ。

写真

これは富士山と日の出。
やはり手前にあって真上から見ることができれば絵柄くっきりするらしい。

写真

これは・・・・そう、全国区となったあのゆるきゃら。

写真

白子町は他に、温泉や海、ご当地グルメ・ブイヤベースなどもある観光の町。
週末時間がある方はぜひ外房までドライブしてみてはどうだろうか。

好奇心を刺激するイベントの記事一覧