外側の拡張収納スペースが魅力!モンベル「ガレナパック」

写真

旅行用に、これまで使っていたデイパックよりひとまわり大きいのを買うことに決め、二週間ほど真剣に検討した結果、モンベルの「ガレナパック30」に決めた。

20150929_001m.jpg

常総市のボランティアセンターで、若い消防士さんチームがお揃いで背負っていたのを見たのがきっかけだ。小さなデイパックなのに、ヘルメットを外側にとりつけられていたのが魅力だった。

ところが!!!
旅行出発を翌日に控えた夜、届いたのは20Lの「ガレナパック20」。ありえない注文ミスをしてしまったのだ。元々持っていたものより小さくなってしまったよ・・・

写真

ただ当初ミスに気付かず、商品札なんかも全部切り落としてしまったので、返品はちょっと難しいかなということで使うことに。

全体的に割とコロンとした丸み帯びた形。
そして特徴は、フロントポケットは底辺部分が本体と密着しているだけであとは分離していること。その上部から左右にバンドが伸びていて、本体両脇の留め具にかちゃっと。

写真

この本体とフロントポケットの間が、臨時収容スペースになる。
それほど広いわけではないが、例えば・・・

  • 脱いだ薄手ジャケット
  • ビーチサンダル
  • 食べかけの行動食の袋
  • お土産で買ったお菓子の箱が入ったビニール袋
  • 自転車用の薄いヘルメットなど

こんなものを、手に持つのではなく"とりあえず"ここに突っ込んでおくという使い方はあるだろう。

写真

両脇はメッシュになっているが、それほど深いポケットでもないので、ぽろりこぼれ落ちてしまう危険性はあるが、両サイドのバンドをきゅっと締めれば割と固定される。

一時的な収納スペースとして考えれば問題ない。

写真

フロントポケット自体もマチ付きで結構大きめ。
コンパクトカメラなども余裕で入る。

写真

本体部分。
フロントポケットと本体を連結するバンドの留め具を外せば、ここまでかぱっと開く。留め具を外さないで開閉してもこの半分以上は開くことができる。

写真

背面部分にメッシュポケット。

写真

このポケットをめくると、ノートパソコン収納用のポケット。

めくらずに出し入れできたほうが便利なのに・・・と思っていたが、実際に使ってみるとメリットに気付く。

このポケットが蓋になっているおかげで、余計なものがノートパソコン収納ポケットにいつの間にか入って膨らんでしまっていた・・・ということがなくなるのだ。自分は特に移動中にモノの出し入れが多く、パンフレットやケーブル類をぐいぐい押し込んで無理なパッキングをしてしまうほうなので、パソコン収納ポケットに蓋がついているのは実は便利だった。

写真

本体両サイドのメッシュポケット。
かなり容量ある。

写真

左側のサイド上部にはこんなゴム紐もついていて、ポールなど長いものをサイドのメッシュポケットに入れ、上部をこれで固定することができる。

今回自分は、シュノーケルとビーチサンダルを入れた細長い袋を左サイドポケットに入れ、上部をここで止めている。反対側はペットボトルや日焼け止めなど。

写真

ウエストベルトにも左右両方にポケット。
これも購入決定要因のひとつになった。

なるべくポケットにモノを入れずに済ませるにはこれが便利。

写真

マチもついているので容量はそこそこある。

写真

今回の旅行では、ここにサングラスとデジカメを入れている。
必要な時に荷物背負ったまますぐ取り出せるので、スピードが全然違う。ポケットから落としてしまったりすられたりするリスクも減る。

写真

ただ20Lくらいのサイズだと、ウエストベルトは面倒で使わないという人もいるだろう。そんな人にとっては、取り外しができないのでちょっと不便だ。

自分も30Lのつもりだったからなあ。
20Lだったら、別途ウエストポーチをまくという選択肢もあった・・・

写真

背面はしっかりクッション入っていて、熱もこもりにくい構造。
まだ使い始めて一週間ほどだが、確かに快適だ。

写真

自分はこのタイプ初めてだったが、チェストバンドはスライドさせて高さを調整する。見た目もすっきりしているし、背負った状態で微調整できるので楽だ。まあ一度調整したらそんな頻繁に変えるものでもないけどね。

写真

ショルダーベルトもクッションしっかり。
20Lにぴちぴちにモノを詰め込んでいるので重量は相当になったが、しっかり背負ってウエストベルトも締めればそれほど重さは感じない。

写真

最上部には、登山中などに給水するためのハイドロなんちゃらシステム用の穴も。あとその両脇のホックは「何かオプション付けられるのか?」と疑問に思っていたのだが、雨の日に気付いた。付属のレインカバーの上部を留めるためのものだ。

写真

そのレインカバーは、ちょっと膨らんだ底部分に収納されている。

写真

色はグレー。

写真

開くとこんな感じ。

写真

バンドもついている。
デイパックにくっついた状態なので(取り外せるようにもなっている)、落として紛失しちゃうこともないし、いざという時、取り出しに手間取ることもない。

収納ポケットは多少余裕あるので、自分は一緒に薄手のレインコートを折り畳んで入れている。

写真

そんなわけで、さっそく11日間のフィリピン旅行の荷物をパッキングしてみた。

今回シュノーケル&マスクも持参するためいつもより荷物が増えてしまい、それで35Lのデイパックが欲しかったのだが、実は20Lで収まってしまった。でも30Lだったら、こんなパンパンにしなくても大丈夫で、パッキングがはるかに楽だったはず。コンパクトなほうがバス移動などの時は便利なんだけどね。

フロントポケットと本体との間には、試しに薄手パーカーを突っ込んでみた。
バンドを締め付ければきゅっと挟まれて固定される。

そんなわけで、今はこの新しいモンベルのデイパックとともに、フィリピンのセブ島・ボホール島を旅行しています。シュノーケルや沢下りなど、濡れものも増える旅なだけに、バッグの外側に拡張収納できる点は本当に便利。

おススメです。
サイズは3つあるので、購入時はくれぐれも気を付けて!


[モンベル] mont-bell ガレナパック 20 1123758 BK/DC (BK/DC)


[モンベル] mont-bell ガレナパック25 1123920 BK/DC (BK/DC)


[モンベル] mont-bell ガレナパック 30 1123759 BK/DC (BK/DC)

旅上手は人生上手~安く賢く旅するの記事一覧