クアラルンプールからランカウイ島へ(4)

写真朝食とり、町の中心地もだいたい理解できたが、いくら歩いてもどこにフェリー乗り場があるかわからなかった。

地図も標識も見つからない。

写真

仕方ないので、無料の無線LANサービスがあるマックそしてケンタッキーをはしごした。パソコン起動待ちの間、バイトの女の子に聞いてみた。

「フェリー乗り場まで歩いていける?」
「無理です。10キロはありますから」
「わお。そしたらタクシーでいくしかないか」
「タクシーもしくはバスですね」

おし、バスだ!

ネットでフェリー乗り場がある場所の名前「KUALA KEDAH」を確認し、バス待ちっぽい人が何人か立っていたところに戻ると・・・

写真

一発でバス発見!
しかもフロントガラスに書いてある。

写真

バス乗り込んで最前列の人に聞くと、「クアラケダに行くよ」との答え。実は車掌さんで、その後クアラケダについた時にも教えてくれた。

写真

料金は1.5マレーシアリンギット。約42円だ。
(KLセントラルでの両替は1リンギット約28円)

タクシーを使わないと本当に移動は安くあがる。地元の人と話したり、乗り降りしてくる乗客の様子を観察することができるのも、路線バスならではの楽しさだ。高校生の服だったり、おじさんが読んでる新聞とかもじっくり見れるしね。

写真

そしてフェリー乗り場。
朝方ついた鉄道駅の何倍も立派だ。

写真

アロースター(クアラケダ)─ランカウイ島(クア)間のフェリーは、1時間~1時間半ごとにあるらしい。私も列に並んで1時間後の便のチケットを買った。

写真

料金は23リンギット(約644円)。

写真

マレーシアは無線LANサービスがかなり充実している。
日本で言うと、佐渡島にわたるフェリー乗り場あたりに相応する場所だと思うが、無線LANサービスが導入されていた。クレジットカード支払で1日もしくは数十日間の利用IDを購入できるようだったが、気づいたのがフェリー出発30分前だったので今回は見送り。

おそらく通信会社か何かがやってる全国的なサービスだと思うので、次に長期滞在することがあれば、この無線LANサービスを利用したい。

写真

そしてフェリーに。

写真

全席指定で、窓はまったく外がみえない曇りガラス(当初はきっと透明だったんだと思う)。

外が見えないのはつらいけど、英語字幕つきのマレーシア映画(超!純愛もの)をやっていたので、うつらうつらしながらそれを見ている間に到着。

写真

フェリーで1時間40分ちょい。

写真

アンダマン海に浮かぶ伝説の島、ランカウイ島に着いた!!!

バリ島&ランカウイ島旅行2011年

[旅]LLC乗りまくりの旅の記事一覧