ヘルメットにアクションカメラ「GoPRO」つけて風景コマ撮り!

写真

「それ何つけてるの?」
ガソリンスタンド入る時ちょっと・・・というかかなり恥ずかしいんだけど、実はヘルメットにアクションカメラ「GoPRO」つけて走っている。「ああ、テレビで芸人さんがバンジージャンプとかする時につけてるやつね」と納得されることも。

一般的にはこれで動画撮影するんだけど、毎日何時間も高画素動画撮影してしまうと後で編集も大変なので、自分は「5秒に一回のコマ撮り」にしている。

最近は横文字で「タイムラプス」とか言うらしい。

5秒に一枚ということは・・・

5秒1枚
1分12枚
1時間720枚
5時間3,600枚


写真は3000×2250ピクセルで1枚あたり3MB前後なので、3,600枚で10,800MB=約10GBとなる。32GBのミニSDカード一枚入れておけばファイル容量的にはOKだ(パソコン持参し毎日取り込んでいる)。

問題はバッテリー。
純正バッテリーを2個持参した。

新しいバッテリーなこともあり、1個2時間くらいもっている。
走っている時間の実質は4時間くらいなので、観光時間など電源オフにしておけばぎりぎり足りるし、お昼休憩の時など外付けバッテリーにつないで充電しておけば最大5時間くらいは大丈夫だった。

コマ撮りした写真をつないで動画にするには、GoPROが無料提供している「GoRPO Studio」というソフトを使えば簡単なのだが、使い慣れてないこともありエラーが出てしまっているので、動画編集ソフトのAdobe Premiere Elementsを使うことにした。

写真

超広角なので両端に歪みがでてしまうデメリットはあるが、あとで見返しながら自分がどういう風景の中を走ったのかあらためて冷静に考えるいい機会になる。

写真

これは昨日撮った写真。
雨が降っていたが、防水ハウジング付きなので安心。

まるで高速で峠道攻めているような迫力写真も撮れる(実際はとってもゆっくり走ってます)

既に昨日の分まで動画編集してYouTubeにアップロードしたので、ブログでも紹介していきたい。

東北沿岸ツーリング2014の記事一覧