冬限定「グランドキリン 梟の森」発売!~記念企画"冬のビアガーデン"に行ってきました~【AD】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

写真

クラフトビールブームの中、大手ビールメーカーとして最も積極的にその潮流に取組み新たな挑戦をしているのがキリンだろう。クラフトビール東京・川野さんも登場した「クラフトタイムズ」も、読み応えあるWEBマガジンだ。

そんなキリンが「KIRIN」の名をどストライクで使った「グランドキリン」シリーズは、限定醸造を含めいつの間にか全6商品。コンビニで買える手軽さと洗練された味で、自分の周りにもファンが多い。

写真

シリーズ最新商品が、12月8日に発売となった「グランドキリン 梟の森」だ。

「梟」の文字に顔と翼が盛り込まれていてかわいい。
背景は、青・銀・白の版画風デザインで描かれた雪降る森。このラベルだけで早くも魅せられてしまった。

●キリン公式サイト「グランドキリン」

この「グランドキリン 梟の森」発売を記念し、冬のビアガーデン「GRAND KIRIN WINTER BEER GARDEN」が2015年12月11日(金)12日(土)2日間限定で開催された。

写真

会場は東京・六本木の東京ミッドタウン。

「東京ビアガーデン情報館」運営者として普段からビアガーデンには行きまくっているのだが、過去の経験から「秋・冬のビアガーデンはシャレにならないほど寒い事態になる」と密かに心配していたのだが、初日は12月にもかかわらず・・・

東京でまさかの20度越え!!!

という異常気象の日に。

さすがキリン!!!

写真

会場には雪を敷き詰めて作られたカマクラが設置されたが、昼間に下見に来た知人が「溶けるんじゃないか!?」と心配するほどの気温だった。

写真

会場で写真を撮ってSNSにタグ付き投稿すると、「グランドキリン」もしくは「グランドキリン 梟の森」どちらか一本プレゼントされる企画も。

まだ飲んだことない「梟の森」をいただいた。

写真

カマクラ前で記念撮影♪
ちなみに私は、夏でもビール、冬でももちろんビール派です(キッパリ!)

写真

200円を払って、グランドキリンとチョコレートフォンデュ。

写真

チョコにつける具材は、

・マシュマロ
・イチゴ
・プリッツェル
・カマンベールチーズ

の4種。

写真

一緒に付き合ってくれたのはビアガーデン仲間の亀田さんだ。
わざわざビアガーデンTシャツまで着てきてくれてありがとうございます(私も着ていたためまさかのペアルックに・・・)

写真

実は正直、「なぜビールにチョコ???」という疑問がプレスリリースを見た時からずっとひっかかっていた。そもそも甘いものをあまり食べない自分、ましてやビールにチョコを合わせるという発想は皆無。合うのか?美味しいのか?

写真

会場でもらったパンフレットには、チョコレートとの組合せがリコメンドされていた。

カカオが濃厚なビターチョコレートと豊潤なコクが特長のグランドキリンは、醸造家オススメの組み合わせです。チョコレートとビールが口の中で溶け合って、次第に変化していく風味を感じてみてください。

写真

さっそくお試し。
味の相性はというと、最初から温められ溶けているチョコレートだったため、口中にべったり張り付いてチョコ味一色になってしまった。

ホップの香ばしさ、濃厚でありつつ品のよさが特徴のグランドキリンの味が、正直ちょっとよくわからなくなってしまい、もったいない気もした。

普通のハードな板状のビターチョコなんかとだったら違う印象になったかもしれない。

●週末は六本木で新感覚ビール体験!「グランドキリン テイスティングテラス」に行ってみた

この記事を読むとチーズケーキと合わせてもいいらしい。
今度改めて別の形でチョコとのマリアージュを試してみたい。

写真

ちなみにカマンベールチーズのチョコがけも初体験。
チョコの味が圧倒的勝利を収めチーズは食感だけになってしまった気がする。

チョコレートフォンデュにはやはり、イチゴなど酸味のある果物が一番あう。

写真

これはお土産にもらった「グランドキリン 梟の森」。
このシリーズでは初の無濾過タイプで、アルコール度数もちょっと高め。

冬限定発売の商品で、コンビニ限定発売だ。

写真

飲みたい気持ちを抑えられず、会場で開けて飲んでしまった。

これも美味しい!
グランドキリンよりさらにフルーティーで、味も香りも個性的。

それほど冷やさず飲んだほうがいいかもしれない。

グランドキリンもそうだが、ごくごく喉越し楽しんで飲むというのではなく、口の中で、舌で、じっくり味わいながらゆっくり飲むビールだ。

やわらかな口あたりでありながら、アルコール度数を高めることで、しっかりとした飲みごたえを実現した、無濾過タイプのビール。ふくよかで奥行のある香りと上質な苦みが特徴のチェコ産ザーツホップを使用した、深い余韻が冬の夜更けにゆったりと味わえる一本。

今まで考えたことなかったけど、夏と冬で、ビールの楽しみ方を変えてみるのもいいのかも。

暑い夏には、ビアガーデンやBBQ会場で爽快さを求めごくごく飲むビール。
そして冬、暖房がきいた室内で美味しい料理とともにじっくり味わう濃厚なビール。

「今日は何を飲もう?」

そんな選ぶ楽しみ方も与えてくれるグランドキリンシリーズだ。

写真

そして先ほど、またグランドキリンが飲みたくなってコンビニへ。
近所のセブンイレブンには、「グランドキリン」「グランドキリン ビタースウィート」「グランドキリン 十六夜の月」の三種類が販売されていた。

写真

これからクリスマスパーティーなども増えてくるだろう。
黒地に赤ラインが入ったグランドキリンの瓶は、ヒイラギの葉の飾りなどつけるだけで、お洒落なクリスマス仕様になる。

もちろんお洒落な「グランドキリン 梟の森」ラベルも、テーブルの上で争奪戦を引き起こすことだろう。

まだ未体験の方はぜひお試しあれ。

●キリン公式サイト「グランドキリン」

<他の方の記事>

東京ミッドタウンに突如カマクラが!フクロウに誘われGRAND KIRIN WINTER BEER GARDENへ行ってきたよ![AD] | タムカイズム
六本木に雪でできたカマクラが出現っ!キリンのイベントで雪の中でグランドキリンを堪能したぞ!【AD】 | むねさだブログ

好奇心を刺激するイベントの記事一覧