祝・断酒20日達成!

IMG_20230109_140656.jpg

今年に入ってからまだ一滴もお酒は飲んでいない。
正直、こんなに長い間酒断ちしたのは社会人になってから初めてだ。

肝臓の数値がちょっと悪くなったり、「自分もしや依存症では・・・」と不安になり平日断酒などしたことは何度もあるけど、連続してこれだけ飲まなかったことはない。

あとでまた記事に書くが、今回は「認知症予防」という今まで以上に具体的で強い目的もあり、それが断酒徹底の大きなモチベーションになっている。

実際には飲み会などでは解禁する予定なので、「断酒」ではなく「節酒」なんだけど、まずは依存状態を解消するためにも1月中は完全に酒断ちしようと思っている。

最初の10日間くらいは、何かと理由をつけて「缶ビール1本くらいなら飲んじゃってもいいか」と思っていたんだけど、後半はそんな気持ちもおこらなくなった。スーパーでノンアルコール飲料を物色していても、目に飛び込んでくるお酒はそれほど自分を誘惑しない。「自分には関係ない商品」としてうつるようになってきた。

日々のパフォーマンスもいい。
前日のお酒が残って、午前中は何をしても気が乗らないというようなこともなければ、夜も寝る直前まで頭がクリアだ。だからこんな風にブログも毎日書き続けることができている。

1日の有効に使える時間は確実に増えた。

来週からYahoo!テックアカデミーが始まる。1日2~3時間を学習タイムにあてる必要があるのだが、「多分大丈夫だろう」と受講を決断できた大きな理由は断酒がうまくいっているからだ。

入院中の母のことなど悩ましい状況はいろいろあるけど(入院中にコロナ陽性になってしまい、このまま寝たきりになる可能性も高まっている)、それを理由にお酒を飲むことを自分に禁じたら、むしろ精神的にも安定してきた気がする。

アルコールで癒されていたのではなく、むしろお酒を飲むことで気持ちの浮き沈みが大きくなり、自分のココロを疲れさせちゃっていたんじゃないかなとすら今は思う。

「酒にコントロールされてしまっている状態」からの脱却ができているかというとまだ全く自信はなく、一度飲み始めたらまたすぐ元に戻っちゃう気もするんだけど、とりあえず今は断酒して身体も気持ちも健康になれている実感があるのでよしとする。

認知症予防のために何ができる?の記事一覧