Surface Pro3用に買ったもの ~ Mini DisplayPortをVGAに変換するアダプタ

写真

Surface Pro3を使い始めて2ヶ月が経過した。
二週間弱のツーリングにも持参し、最近は上京時の往復の電車・バスの中でブログ記事更新などする機会も増えた。ノートパソコン以上に狭い場所でも取り出しやすく、周囲にもあまり気兼ねせず済む。キーボードだけ取り外せばタブレットとなるため、モバイル利用時の自由度は格段にあがった。

そんなSurface Pro3のために購入した追加商品がいくつかあるので紹介したい。

写真

まずは外付けディスプレイを接続するためのアダプタケーブル。
Surface Pro3には、本体右側上部にMini DisplayPortがついている。

写真

これは本体右側サイド。
上がミニディスプレイポート、下がUSBポートだ。
アップルなどでもこの規格が採用されている。

一般的なプロジェクタ・ディスプレイの接続はまだ「VGA」が多く、イベント時のプロジェクタ接続など考えるとVGAケーブルに接続できるようにしておけば安全だ。そこで、ミニディスプレイポートをVGAに変換するアダプタを買うことにした。

一番目の候補は、マイクロソフトの純正アクセサリ。


マイクロソフト【純正】Surface Pro用 Mini DisplayPort - VGA アダプター F7U-00022 [F7U00022]

ただ問題がある。

高いよ!!!

税込で4000円もする。

ミニディスプレイポートをVGAに変換するアダプタならどのメーカーのでも問題はない。結局いろいろ考えてこれを購入した。


レノボ・ジャパン Mini DisplayPort - VGA 変換アダプター 0A36536

送料無料の2,880円だ。

他にももっと安い製品もいろいろある。


PCモニタ対応 MiniDisplayPort to VGA変換アダプタ 〔白〕【Apple製品・Surface Pro/2/3対応】〔Vodaview製品〕
送料無料1,598円


PLANEX Mini Displayport -]VGA端子変換アダプタ (MacBook MacBook Pro MacBook Air) PL-MDPVG02
送料無料1,715円

個人的にはSurfaceと同じ黒色がよかったのと、信頼できるところメーカーということでレノボ・ジャパン製品を選んだ。

写真

こちらがMini DisplayPort。

写真

そしてVGA15ピンのメス。

写真

コネクト!

写真

Windows8.1でタッチディスプレイなので、ディスプレイ設定も簡単。
画面を右端から内側にスワイプしてチャームバーを表示、「デバイス」を選択。

さらに「表示」を選択して・・・

写真

デュアルディスプレイ(2台のディスプレイを並べて画面を広く使う)にしたいなら「拡張」を選択。

写真

自宅ではこんな感じで、Surface Pro3とLGの24型ディスプレイを縦に並べ拡張で使っている。
上にブラウザをだし、下にエクセルを開いて必要な数値なんかをコピペでまとめていくこともあるし、ブログ記事を書く場合には、上にエクスプローラーで写真一覧を表示し、下ではエディターを起動して文章を書いていくのに使ったりしている。

キーボードを取り外し、外付けのキーボードでタイピングすることもある。

画面が広々使えるのは、作業効率アップに大きく寄与してくれる。

イベントでプレゼンする場合には、キーボードを取り外し、タブレットとして手に持ちながら画面タッチでプレゼン資料をめくっていくこともでき、ノートパソコンとはまた違った使い方ができてとても便利。

ミニディスプレイポート─VGA変換アダプタは、早めに買っておくといいかもしれない。
急ぐのでなければ、不要になったものが家に余っているという人もいると思うので、まわりに聞いてみてもいいだろう。

ベドウィンモバイラーな生活の記事一覧