スポーツ好きな人にもおススメな巨大シェアハウス「ソーシャルレジデンス東小金井」

写真

昨年初夏に入居した101部屋もある巨大シェアハウスは、8月の北海道一周ツーリングの際に退去した。家具一切必要ないシェアハウスなだけに、長期旅行の際には段ボール数個で簡単に退去ができるのもいいところ。

充実の施設にびっくり!巨大シェアハウス「ソーシャルレジデンス花小金井」<前編>
充実の施設にびっくり!巨大シェアハウス「ソーシャルレジデンス花小金井」<後編>

そして秋、再び入居したのは同じ会社が運営する「ソーシャルレジデンス東小金井」。

写真

最寄駅はJR中央線の東小金井駅。
駅までは15分ほどとちょっと距離あるが、新宿駅までは21分で着く。

写真

公営レンタル自転車システムがあるので、それを使って駅までは自転車という人が多かったようだ。

写真

ここも元は社員寮だった建物。
それをかなり大掛かりに手を加え、ソーシャルレジデンスという巨大シェアハウスのスタイルにしている。

一歩入ってびっくり。

写真

ステキ!!!

社員寮というより、企業の保養所か何かのよう。
ちょっとしたホテルのようなロビースペースになっている。

写真

一階には共有ラウンジがある。
大きな木のテーブル。窓際にはソファスペースも。

写真

部屋右側の壁沿いにある棚にはボックスが入っていて、各自の食材などはそこに保管しておくことができる。

写真

奥にキッチン。
花小金井と比べると小さめだが、シンク&ガスコンロは何か所かあり、同時に複数の人が料理できる。

調理器具や食器もすべてそろっている。

写真

炊飯器やオーブンも。
花小金井同様、若い人たちは仲良しグループで一緒に料理を作り一緒に食べたりもしているようだった。

大学生も多かったので、夜は結構ここで盛り上がっていた。

写真

ここの面白いところは、コワーキングスペースがあるところ。テーブルがなぜか卓球台なのだが、パソコンを持ち込んでここでデスクワークできる。ホワイトボードなどもあり、打ち合わせなどにも使える(共有スペースであれば居住者以外の知人を中に入れる事もできる)。

写真

ビリヤード台や、卓球台も。
奥は大きな鏡が貼りつけられたスタジオになっている。

今写真見て気づいたが、天井にはプロジェクターも。いろいろイベントの多いシェアハウスだったので、これを使うこともあるのだろう。

写真

さらに敷地内には、フットサルとテニスコートも。
週末や平日夜など結構使われていた。

一人暮らしだと、時間ある相手を住んでいる場所の近くで探すのはちょっと大変。うまく見つかっても、時間調整してテニスコート借りて・・・となると面倒だが、住んでいる場所に無料で使えるコートがあり、かつ一緒にやってくれるだろう相手も居住スペース内で募集できるというのは、スポーツ好きの人にとっては理想環境だ。

定期的にフットサルの大会なども開催されている。

写真

玄関横には、不在時に宅配便の荷物を受け取れるロッカー。

写真

駐車場もある。

あと共有施設としては

・大浴場
・シャワールーム(複数)
・サロン(ネイルやマッサージなど)
・屋外ウッドデッキ(喫煙スペース)

がある。

写真

部屋はすべてシングルで、156部屋。

写真

これは入居前の下見の際に撮った写真。
9平米で、ベッドと机、冷蔵庫、あと手前に洋服ダンス的なものが置かれている。

写真

この部屋は机が折りたたみ式になっているもの。

写真

机使わない時は省スペースでよさそげ。

写真

ちょうど留学生が退去するタイミングで、かなり部屋に空きもあったので悩んだが、私はこの部屋を借りることにした。

ただこのままだと細長いスペースで床でごろごろということができないため・・・

写真

ベッドを動かして、正方形のじゅうたんスペースを作った。収納はそれほどないが、家事関連の道具は掃除機にいたるまですべて共有であるので、私物は洋服や文房具類などが中心。

ベッド下にも収納スペースがあるので十分だった。もちろん人によってはラックなど家具を追加して使っている。

写真

近くには大きな小金井公園があり、数百円でジムが利用できるスポーツセンターもある。散歩するにもいい場所だ。

ここは11月から今年2月まで借り、上京時のホテル替わりに使っていた。花小金井とはまた違った面白さのあるシェアハウスだと思う。

特にスポーツ好きな人にとってはおススメ。


自由追求ライフスタイルの記事一覧