コンビニで!ミスドで!PRONTOで!楽天ポイントが使えるようになる「Rポイントカード」10月1日開始!

写真

正直たまげた。
というのも、楽天ブックスで本を買った際に同梱されていたパンフレットの中に、いきなりポイントカードが貼り付けてあったのだから。

写真

ちなみに購入したのは東浩紀氏の「弱いつながり~検索ワードを探す旅」。で、いつもの通り通販会社やカードのパンフレットが数部同梱されていて、何も考えず捨てようとしたら、中に何やら硬いもの。

写真

開いてびっくり、中にはポイントカード。
テレフォンカード的な薄いPETカードではなく、クレジットカード同様の厚手プラスチックカードだ。最初、てっきり楽天のクレジットカードかと勘違いしたが、よく見ると

Rポイントカード
2014年10月1日(水)START!!

とあるじゃないか。
どうやら、CCC運営の「Tカード」や「Ponta」同様の共通ポイントカード市場に楽天が参入するということらしい。

●Rポイントカード公式サイト

写真

現時点で公式サイトで公表されている、Rポイント加盟店は下記の通り。

  • サークルK・サンクス
  • ポプラ・生活彩家
  • 出光サービスステーション
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ミスタードーナツ
  • カフェ&バー PRONTO
  • パレットプラザ・55ステーション
  • ミュゼプラチナム
  • 得タク
  • アリさんマークの引越社
  • 引越しは日通
  • 釧路ポイントカード事業協同組合

●Rポイントカード加盟店一覧

出光・得タク・引越会社2社は「貯める」のみだが、その他は楽天ポイントを使って「1ポイント1円相当」での支払いが可能。

これは嬉しい!!!

というのも、自分は今夏まで楽天アフィリエイト成果を銀行振込で受け取ってきたんだけど、成果が落ち月10万円を切るまでになってしまい、ポイントでの支払いに降格されてしまったからだ。

成果落ちたといっても、楽天で毎月買い物をするにはちと多い金額。気付けばあっという間に「電化製品でも買わないとダメかなあ」という金額のポイントが貯まってしまう(ま、もちろん「カード屋さん」ゆう選択肢はあるんだけどね)。

それが、コンビニ・百貨店での買い物に使えるとなれば「無駄な買い物」をせずに済むし、ミスドやプロントでの支払いにあてられるなら、今までカフェ・ファーストフードで使っていたお金が節約できる。

プロントならパスタもあるし、夕方以降はビールも飲める。
今までもよく「軽く一杯」するため立ち寄っていたが、Rポイントカード利用開始となれば訪れる頻度は格段にあがるだろう。

<追記> Rポイントカードで使える対象は「楽天スーパーポイント」で、「楽天キャッシュ」は現時点では対象外のようです。楽天アフィリエイト成果は3,001ポイント以上は楽天キャッシュでの付与なので、よく考えたらRポイントカードで利用できる部分はそれほど大きくありませんでした。

写真

ちなみに「お一人様、3枚まで」なんていう記述もあった。
一つの楽天会員IDに対し最大3枚までRポイントカードの登録が可能とのこと。

これどうも、「ファミマのTカード」「ゲオのPonta」的な提携カードが何種類も発行されるかららしい。公式サイトを見ると、「サークルK・サンクス」「ポプラ」「出光」「ミスタードーナツ」そしてうちに一方的に送付されてきた楽天のRポイントカードの5種類が配布されるとのこと。

写真

さっそく「100万ポイント山分け」キャンペーンも始まっていたので、さっそくカードと楽天会員IDの紐付けを行い、キャンペーンにエントリーした。10月1日までに最初のRポイントカードの利用登録をした人が対象となる。

サークルK・サンクスやポプラの店頭でカード付きパンフレットが置かれているそうなので、近くにあればそれが最も簡単な入手方法かもしれない。もちろん自分のように楽天ブックスで本を買って同梱パンフレットを受け取る方法もあるだろう(全部に入っているのかどうか不明だが)

●Rポイントカード公式サイト

何はともあれ、楽天ポイントを持て余している人にとっては10月1日が楽しみだ♪


インターネットで便利&お得の記事一覧