古本で寄付!部屋も片付きシリア難民救済にもつながるアムネスティ「幸せの古本便」

20141223_001.jpg

大掃除シーズン到来!
・・・といっても、自分は昨年1月に中国渡航のためアパートを引き払う際、荷物の大部分を処分してしまったので捨てるものがあまりないのだが。

ただ本は少しまた増えてしまったので、整理しようかなと思っていたところにGOOD NEWS到来。

アムネスティが実施している「幸せの古本便」を使うと、古本買取りサービスのバリューブックが査定してくれた金額が寄付として直接アムネスティに贈られる。その買取価格が2014年12月15日から2015年1月末日まで「20%アップ」になるそう。

●幸せの古本便~本を売ってアムネスティに寄付をしよう!~

内戦から逃れて周辺国で避難生活を送るシリア難民の半数は子どもです。(※2014年2月時点での数値。UNHCR調べ。)避難先で不安定な生活が続いているため、子どもたちの多くは学校に行くことができないでいます。アムネスティ・インターナショナルは、こうした子どもたちの現状を調査し、難民の人びとの人権を守るための活動をしています。あなたが読み終えた本をご寄付いただくと、それがわたしたちの活動資金に変わって、誰かの本を読む自由につながります。読み終わった本でわたしたちの活動を支えてください。

もちろん、古本の買い取りなんて正直、大した金額にはならない。
ダンボール1箱送っても数百円なんてことも。なので「なあんだ」とがっかりするより、むしろ寄付に回しちゃったほうが気持ちもすっきりするというもの。もちろん部屋だってすっきりする。

バリューブックは専門書の買い取りも得意としているので、近所の古本屋では引き取ってくれなかった古い本を試してみる価値もあるだろう。

20141223_001.jpg

手続きは簡単。
電話で申込めばバリューブックが手配したヤマト運輸が家まで集荷に来てくれ、本5冊以上なら送料もバリューブック負担だ。

わずかでも難民支援につながることを期待して年末までに「幸せの古本便」利用しようと思う。

●幸せの古本便~本を売ってアムネスティに寄付をしよう!~

インターネットで便利&お得の記事一覧