ローソン「ブランパン」新シリーズ登場!(2)

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

写真

さっそく待望の試食タイム。
ローソン「ブランパン」シリーズには、5月に8種類の"新"ブランパンが登場した。

まずは中に何も入っていない最もベーシックなタイプ。
しかし実はこれらが、リピート購入するコアなファンの間でも一番人気らしい。

ブランパン2個入

写真

本体価格:116円(税込125円)
カロリー 67kcal/個
糖質 2.2g/個

§販売エリアにより仕様が異なる

●ローソン|ブランパン2個入

↑このページを訪れると、Facebookコメントがずらり並んでいる。
「最近ヘビロテ」「待ち望んでいた低糖質パン」「食べたいのにどこのローソンも売り切れ!」なんて声が寄せられている。

写真

本当にふんわり。
そして全粒粉パンにも似た、しっかりした香ばしさも感じる味。

写真

中はほんのり茶色。
小さなパン2個入りなので、ちょっと小腹空いた時のおやつに1個だけ食べてもう1個は残すというのもありだ。

何もつけなくて十分美味しく食べられるけど、ジャムつけたり何かはさんでもいいだろう。糖質制限の人の中にはジャムも我慢という人が多いと思うけど、パン自体が低糖質な分だけ許してあげてもいいかもしれない。


ブランブレッド

写真

続いてブランブレッド。
私だったら多分、これをリピ買いすることになると思う。

本体価格:162円(税込175円)
カロリー 219kcal
糖質 7.3g

§沖縄では販売していない

●ローソン|ブランブレッド

写真

小さな食パン型。
このままかじるには大きすぎるんだけど、両手で持って引っ張れば、溝がついたところから自然にふわっと割れるようになっている。

「だったら最初からカットしておけばいいのにと思われるかもしれませんが・・・」

写真

実はあまりにしっとりふんわりすぎ、カットすることが難しいほどなのだとか。
なので、ちょっと手間かかってしまうけど、食べる直前に割って食べてほしいと。

間に何かをはさむなど、アレンジして食べる人も多いという。
たった1切れでも、結構食べた後の満足感が大きいのは、腹持ちがいいブラン効果もあるのだろうか。


チーズ&トマトブラン2個入

写真

こちらはなかなか新鮮な味わいの「チーズ&トマトブラン2個入り」。

本体価格:139円(税込150円)
カロリー 77kcal/個
糖質 2.5g/個

§沖縄では販売していない

●ローソン|チーズ&トマトブラン2個入

食べてちょっとびっくりするほど、トマトの味が濃厚。
ブランとも合う、しっかりした味のトマトピューレを使っているそう。

写真

私自身は、実はトマトジュースが苦手な人で、パンにトマトというのも少し違和感あるんだけど、トマト好きな人だったらこれきっと、くせになる味だろう。


ブランのしっとりメロンパン(発酵バター入)

写真

会議室内がもっとも盛り上がったのは、このメロンパンが登場した時。

本体価格:134円(税込145円)
カロリー 172kcal
糖質 17.1g

§沖縄では販売していない

●ローソン|ブランのしっとりメロンパン(発酵バター入)

いわゆる「菓子パン」ジャンルに入るメロンパンは、上面のかりっとした部分がクッキー生地。お菓子作りをしたことがある人ならわかるだろうが、クッキーにはバターも卵も砂糖もたっぷり使う。したがってメロンパンは、パンの中でもカロリー&糖質はかなり高めだ。

少し前のデータではあるが、各社メロンパンのカロリー一覧はこちら。

●メロンパンのカロリー - 簡単!栄養andカロリー計算

たった一個で500kcalを越えるということが、一時期ネットでも話題になっていたほどだ。
(ちなみにデスクワークの40代女性の私の一日の摂取カロリー目安は1,700kcal)

それだけに、このメロンパンを低糖質で作るというのは、かなりのチャレンジだったようだ。
大きさも少し小さ目なのだが、カロリー気にする人にはむしろ嬉しいはず。

写真

甘さもしっかりあり、表面のさくさく感と中のしっとり・ふんわり感のバランスも非常によく、美味しくいただけた。

知合いに「メロンパン王子」と称するメロンパン好きな人がいるのだが、その人曰く、ナチュラルローソンのメロンパンは「コンビニ史上最高のメロンパン」とのこと。

●メロンパンブログ

ナチュラルローソンの普通のメロンパンも食べてみたい。


ほろにがショコラ&ホイップブラン

写真

さらなる驚愕の挑戦がこちら。

本体価格:139円(税込150円)
カロリー 173kcal
糖質 11.8g

§販売エリアにより仕様が異なる

●ローソン|ほろにがショコラ&ホイップブラン

写真

見た目的にもビターチョコレートを思わせるどっしりした体型のパンが、すごい。
何がすごいのかと言うと、カロリーも糖質もかなり抑えた菓子パンなんだけど、割ってみると中からは・・・

写真

たっぷりのホイップクリームに、これまた流れ出んばかりのチョコクリームの二層仕立て。
糖質制限ダイエットしている人にとっては恐らく・・・

「目の毒以外の何モノでもない」

写真に違いない。
ところがこれが、糖質たった11.8gなのだ。

11.8gというと、糖質オフではない普通の缶ビール(350ml)分くらい。
ご飯1膳(150g)で糖質約55gなので、その1/5程度。

糖質制限している人でも、目を剥くほどの数値ではないだろう。
普段ちょっと我慢しているご褒美に、時にはコンビニで甘いものを買って食べたい!なんていうストレス発散用にもこれ以上最適なものはない。


ブランのトマトカレーパン(オリーブオイル付)

写真

惣菜パンの代表選手はやはりカレーパン。
カレーパンも、油で揚げる分だけどうしてもカロリー高くなってしまうものだが、これはノンフライ。

本体価格:130円(税込140円)
カロリー 175kcal
糖質 7.1g

§沖縄では販売していない

ローソン|ブランのトマトカレーパン(オリーブオイル付)

揚げていないので、上に乗っているパン粉はちょっとくたっとした印象だったが、トマトと鶏肉を使ったカレーはスパイスもきいて洗練されたお味。表面にオリーブオイルを塗って香りづけしてある。

写真

変な油っぽさもなく、一個食べても胃もたれする感じはない、どちらかというとさっぱり系のカレーパン。
女性にとっても食べやすいと思う。


キヌア&オレンジのブラン 2個入

写真

健康にいい新しい食材を発掘し、ナチュラルローソン好きな健康志向の人達に提案するのもミッション。
ここでは「キヌア」という、まだ日本では馴染みの薄い名前の食材が登場する。

本体価格:139円(税込150円)
カロリー 62kcal/個
糖質 4.9g/個

§一部エリアは販売は6/16まで/沖縄では販売していない

●ローソン|キヌア&オレンジのブラン 2個入

キヌアは初耳。

写真

パンの上に乗っている、ピーマンの種のようなまん丸いのが南米産の穀物「キヌア」。さらに中にも練り込んでいるそう。栄養価が高く、今注目の食材なんだとか。

「精白米にくらべ、たんぱく質は2倍、カルシウムは6倍、鉄は5倍、食物繊維はなんと10倍」!!今、ヘルシー&ビューティーフードとして注目を集めているのが、南米アンデス地域原産の「キヌア」。(『クックパッドニュース│世界中が大注目!「きれい」と「健康」をつくるスーパーフード・キヌアって?』より抜粋引用)

知らなかった!

上に乗っているキヌアのプチプチした食感はゴマのようでもあり、パンともよく合っている。

写真

食物繊維は、頑張ってもなかなか十分に摂取できないもののひとつ。
ブラン自体も食物繊維が豊富なのだが、このパンだったらキヌアからも摂取できる。

写真

皮つきのダイス状オレンジもたっぷり練り込まれていてフルーティー。
ちっちゃいのに、いろいろな食感が楽しめるパンだ。


ブランのモッチリング メープル&くるみ

写真

ラストはこれ。
8個の中で私が一番気に入ったパンだ。

お土産にもらっていき、翌日クルミ好きの母に食べさせたところ、やはりとても美味しいと喜んでくれた。

本体価格:125円(税込135円)
カロリー 156kcal
糖質 8.4g

§一部エリアは販売は6/16まで/沖縄では販売していない

ローソン|ブランのモッチリング(メープル&くるみ)

写真

取り出しただけで漂うメープルシロップの香り。
クルミ&メープルシロップの組合せなんてもう、見たら絶対に買っちゃうでしょ。

写真

最近テレビの健康番組でも紹介され品薄になったクルミが惜しげなく使われている。香ばしい生地も美味しく、既に大量のパンを食べ続けてかなり満腹状態だったにもかかわらず、ぺろり平らげてしまった。

以上8種類が、今年5月に登場した「ブランパン」シリーズの新商品。
ナチュラルローソンの他、一般のローソンでも販売している。


6月中旬にはさらに仲間が増えるブランパン

もう2種類。

写真

こちらは6月に発売予定のパンの試作品だ。
なのでまだパッケージ印刷もない状態だが、ひとつは「ブランのブルーベリーヨーグルトパン (希少糖入)」もうひとつは「アサイー&クランベリーブラン2個入」。

こちらも「希少糖」「アサイー」と、体にもよい注目の食材が使われており、発売となればまたリピ買い者も続出する注目の品になるだろう。

写真

ブランパンシリーズに使われている粉も見せてもらった。
米ブランを使うことで、小麦ブラン特有の香りもおさえ、ブラン慣れしていない人にとっても食べやすいものになったとのこと。

私は昨年ずっと国外で、帰国後もコンビニの数が非常に限られた田舎に住んでいるため、実は今回がブランパン初体験だったのだが、食べにくい独特の香りなどは一切感じず、むしろ一般のパンより香ばくしっかりした味が気に入った。

写真

パンは炭水化物。
炭水化物といえば、多くの人はまず糖質を思い浮かべる。

そう考えると、「低糖質のパン作り」なんていうのは非常に矛盾する、無謀な挑戦のようにも思えてしまう。
しかしそれを見事実現し、この2年で健康志向の女性を中心にコアなファンをたくさん生み出してきた。

今ダイエットに取り組む自分も、もし生活圏内にローソンがあったら間違いなく定期的に通ってこのパンを買うことだろう。

写真

今後のさらなるラインナップの拡充と、
なにより早く近所にローソンができてくれることを心から願う。

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

身体に“効く”グルメの記事一覧