マクドナルド「トリプルチーズバーガー」を「プレーン」で食べる

総選挙の結果、見事当選したのはダブルチーズバーガー。そして公約通り本日7日まで、お値段そのままでチーズとパテが各3枚入りのトリプルチーズバーガーが発売されている。

そんな中、Facebookで広まっている「絶対に美味しい食べ方」が、注文時に「プレーンで」とスタッフに伝えるというもの。

そうすると、パンズの間にはパテとチーズのみとなり、ケチャップやオニオン、ピクルスが抜きとなる。

「えっと、あの・・・プレーンで」

ややおずおず言うと、スタッフはすぐ反応してくれた。「お肉とチーズだけでよろしいですか?」

「はい、それで」

実は列に並んでいる間中ちょっと悩んでいた。オニオンは好きなんだよな。ピクルスも。ケチャップだけ抜きにしようか、などと。でも結論を言うと、プレーンは純プレーンにすべき。

レシートにも「プレーン」の文字。

そしてこれが、トリプルチーズバーガーのプレーン。

一口食べてびっくり。美味しい!まるで肉とチーズのミルフィーユ。厚みは3センチ以上だろうか。食べにくいというほどではないが、非常に食べ応えある。

肉汁とチーズの油分が混じり合いジューシー。淡白どころか、パテとチーズの美味しさ堪能できる。

考えてみたら、ケチャップかければすべての味がケチャップ一色になっちゃうし、オニオンとピクルスは個性強い味。

それを抜いたからこそ、肉とチーズが重なり合って生まれるこの食感や味わいなのだなと。

ここ数日風邪で倒れていたので、病み上がりの胃には少々ハードなものを食べてしまったが、仮にこれでまた風邪ぶりかえしても後悔はしない。

そんなプレーン初体験でした。

身体に“効く”グルメの記事一覧